『ヘルシートーキョー(HealthyTOKYO)』とは、どんなCBDオイルのブランド?

カラダの神経・免疫調節成分をサポートする、CBD(カンナビジオール)商品。

ウェルネス志向の欧米で広まり、日本でも話題になりつつあります。

しかしこれだけ数多くの商品があると「どれを選んだらいいかわからない」と迷ってしまいますよね?

そこでこの記事では、

「ヘルシートーキョー(HealthyTOKYO)って、どんなCBDオイルブランド?」
「安心できるCBDオイルブランドなの?」

という方のためにお届けします。

国内の空港で初のヴィーガンCBDカフェも展開。常識を覆し続けるパイオニア的ブランド

CBDオイルショップ(店舗)『HealthyTOKYO Café & Shop(ヘルシートーキョー カフェ&ショップ)』の内装

HealthyTOKYO(ヘルシートーキョー)』は、2011年の設立。

その名の通り、健康・ウェルネス分野に力を注ぎ続けてきた企業です。

創業者のマイケル・ボブロブ氏は米国で生まれ育ちましたが、在日歴はすでに30年以上。

製薬・医療機器業界で20年以上にわたりエグゼクティブとして活躍した後に、起業しました。

同社は、2016年よりCBD商品の販売をスタートして以来、業界の常識を覆す取り組みを次々と発案し続けるパイオニア的ブランドとして存在感を放っています。

2018年には羽田空港内に『HeathyTOKYOカフェ&ショップ』をオープン。

国内の空港で初となる、ヴィーガンCBDカフェ&CBDオイルショップとして、大きな話題となりました。

続いて、高品質で信頼できるCBD商品を求めるお客さまのニーズに応えるために国産のCBD製品の開発にも着手。

2019年、自社初となる日本で考案・開発・製造されたCBDオイル「ゆずシトラス」をリリースしました。

さらに2020年には、原宿に日本初のCBD専門店カフェ&ショップをオープンし、その後も新規店舗を出店しており、その勢いはとどまるところを知りません。

「『ヘルシートーキョー』は、自分を含め、多国籍なスタッフで構成されている会社です。私たちが目指すのは、ヴィーガンではない人にも美味しいと言っていただける、100%純粋なヴィーガンフードをみなさまにお届けすること。そして、品質もデザインもすべてにおいてクオリティの高いCBD商品を提供することです」と、マイケル氏は語ります。

国産、最高品質、上品なデザイン、天然由来、そして革新的で遊び心も忘れない。

ヘルシートーキョー』は、そんなブランドです。

プレミアムラインとカジュアルラインで、豊富な商品ラインナップを展開

CBDオイルブランド『ヘルシートーキョー(healthyTOKYO)』の商品

ヘルシートーキョー』は、プレミアムライン『HealthyTOKYO』と、カジュアルライン『CBDTOKYO』という2つのCBDブランドを展開しています。

これも、他のCBDブランドにはない、ユニークな取り組みです。

プレミアムライン『HealthyTOKYO』

全品ヴィーガン仕様。

原料となるCBDオイルは、ブロードスペクトラムタイプのCBDを採用し(ただし、フェイシャルマスクを除く)、CBD以外の大麻(麻)成分による相乗効果「アントラージュ効果」が期待できます。

商品タイプCBD含有量/総量ラインナップ
オイル600mg/30ml(2%)
  • ゆずシトラス
  • ハッカミント
1,200mg/20ml(6%)
2,000mg/100ml(2%)
ヴィーガンチョコレート10mg/個
エナジーバー10mg/本
  • ゆず
  • ピスタチオ
ブラウニー45mg/本
クッキー15mg/個
フェイシャルマスク30mg/枚
フルーツゼリー10mg/個季節の味

CBDオイルのフレーバーは「ゆずシトラス」と「ハッカミント」揃え、濃度は2%と6%、容量は20ml、30ml、そして大容量の100mlで展開し、選択肢は豊富です。

CBDスイーツは、ブラウニー・エナジーバー・クッキー・チョコレートとこちらも幅広いラインナップ。

中でもチョコレートは「ヴィーガンの方でなくても美味しいと言ってもらいたくて、特に苦労してつくりました。本当にクリーミーなので、ぜひ食べてみてください」と、マイケル氏が太鼓判を押す仕上がりです。

代官山店では新製品のCBDフルーツゼリーも限定購入できます。

カジュアルライン『CBDTOKYO』

CBDオイルは、アイソレートと呼ばれるCBD単体で精製された、大麻エキスを採用。

商品ラインナップCBD含有量/総量ラインナップ
オイル1040mg/ 10ml(10.4%)
  • ヘンプシードオイルベース
  • MCTオイルベース
グミ9.3mg/個
  • マンゴースター
  • チェリーハート
メントールシート30mg/枚

グミ、オイル、メントールシートなどを揃えており、アスリートの方も安心して使用できます。

スタイリッシュで美しいパッケージですが、遊び心あふれるディテールも見逃せません。

グミのCBD含有量は「9.3(グミ)」mg。

オイルのCBD濃度は「10.4」%(天使)。

メントールシートのパッケージは「86」(貼ろう)の数字が記載。

すべてダジャレで統一した、遊び心にあふれたブランドなのです。

健康だけでなく、美味しさにもこだわりたい方向け

CBDオイルブランド『ヘルシートーキョー(healthyTOKYO)』の商品

いくらヘルシーでも、美味しくなければ、続かないですよね。

その点『ヘルシートーキョー』は、ヴィーガンカフェを展開しながらも、味にもこだわった商品づくりを展開していますから、きっと満足いくでしょう。

また、在日歴30年におよぶ、創業者のマイケル氏は大の親日家でもあります。

だからこそ感じる、日本の食材の魅力を商品づくりにも反映

事実『ヘルシートーキョー』が初めて手がけた自社製品は、最高級の「オーガニック抹茶」でした。

初の自社CBDオイル「ゆずシトラス」には、日本原産で古来から日本人に親しまれてきたゆずの天然のエッセンシャルオイルを贅沢に使用しています。

また、フェイシャルマスクには、ユズ果実エキス・カンゾウ根エキス・チャ葉エキス・ツボクサエキスなど、これも日本古来の植物由来成分を多数配合。

日本で流通するCBDブランドは、まだまだ輸入品が多い中、私たち日本人が誇りに思える商品ばかりです。

もちろん、海外の方への贈り物としても喜ばれること間違いなしです。

可能な限りオーガニック&原料と製品のダブルチェック

ヘルシートーキョー』では、品質・安全面で下記の取り組みを行なっています。

  • 米国のオーガニックの産業用ヘンプからCO2を使って安全・丁寧に抽出
  • CBD以外の原料も可能な限りオーガニックのものを使用
  • 原料段階と製品化段階で、商品ロットごとに第三者機関による成分分析を実施品

THC(テトラヒドロカンナビノール)の非検出と、CBDが表記通りの含有量であることを確認の上、出荷しています。

前述した遊び心あふれる商品づくりは、品質に裏打ちされた自信の表れでもあります。

『ヘルシートーキョー(HealthyTOKYO)』のSNS上の口コミ・評判

『ヘルシートーキョー(HealthyTOKYO)』のまとめ

この記事では、数あるCBDオイルブランドの中でも『ヘルシートーキョー』について、ご紹介いたしました。

  • 国内の空港で初のヴィーガンCBDカフェも展開。常識を覆し続けるパイオニア的ブランド
  • プレミアムラインとカジュアルラインで、豊富な商品ラインナップを展開
  • 健康だけでなく、美味しさにもこだわりたい方向け
  • 可能な限りオーガニック&原料と製品のダブルチェック

ヘルシートーキョー』が気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

<参考文献>
ヘルシートーキョー』国内サイト、創業者、ブランド担当者
※当サイトでご紹介する商品は、医薬品ではありません。また、病気の診断、治療、予防を目的としたものでもありません。

その他CBDブランド商品をお買い求めの方は、[公式]CBD Libraryオンライン通販サイトへどうぞ!

>CBDオイル専門のセレクトショップ

CBDオイル専門のセレクトショップ

カラダの神経・免疫調節成分をサポート。ステイホーム時代の新・健康習慣、大麻(麻)由来の健康サプリ、CBDオイルを13ブランド101商品からお届けします。

CTR IMG