「台湾元祖悪魔ジーパイ 池袋店」のCBDオイルショップ(店舗)情報

CBDオイルショップ(店舗)『台湾元祖悪魔ジーパイ 池袋店』の内装
  • 飲食店

台湾元祖悪魔ジーパイ 池袋店

台湾気分で鶏排とCBDタピオカ食べ歩き!
こだわり情報
『元祖悪魔ジーパイ 池袋店』は、「池袋」駅から徒歩3分。

ボリュームたっぷりの台湾唐揚げ「ジーパイ(鶏排)」とタピオカドリンクが同時に楽しめるお店(店舗)です。

ジーパイは、台湾の夜市で最もポピュラーな食べ歩きグルメの一つ。

『悪魔鶏排』はその中でも人気があり、台湾で30店舗ほど展開しているブランドです。

タピオカ粉を使用した衣は油切れがよく、サクサクの食感。

台湾の広々とした契約農場でのびのび育った鶏のもも肉を使用しているので、ジューシーかつヘルシーな味わいが楽しめます。

10種類以上のスパイスが香り、後引く美味しさです。

同店では、いまや国民的スイーツとも言えるタピオカドリンクにCBD(カンナビジオール)を17㎎添加した「CBDタピオカドリンク」を2020年12月から発売しました。

使用するCBDのブランドは『オクト(Octo)』。

世界的にも数少ない「フルトレーサビリティー」による徹底した品質管理を実現している、⼥性のための高品質国産CBDブランドです。

CBDの成分のみを取り出したアイソレート仕様なので、ほぼ無味無臭でドリンクの味を邪魔しません。

定番のタピオカ入りの「紅茶ミルクティー」には、台湾産の高級アールグレイ茶を使用。

「生タピオカを使用しているのでもちもちと柔らかく、仕込みの段階で黒糖に漬けているため、タピオカだけでも美味しいと評判です」と、同店営業担当の中田さんは語ります。

ドリンクは20種類ほどあり、すべてのドリンクをCBD仕様で提供できます。

CBDを加えることで、美味しいだけでなく、リラックス感も重視した、新しいデザートドリンクです。

流行に敏感な女性が多く集まる池袋店では、さっそくCBDタピオカドリンクのリピーターも続出しているそう。

台湾気分で食べ歩きながら、池袋の街を散歩してみてはいかが?
公式サイト
https://www.akuma-jipai.com/
TEL
03-5944-8998
住所
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-38-6 TYビル1F
最寄り駅
「池袋」駅
路線
JR東日本・東武線・西武線・東京メトロ
お問い合わせ先
https://www.akuma-jipai.com/#contact
営業時間
11:00〜23:00
定休日
なし
取り扱いブランド
オクト(Octo)
決済方法
QR決済:PayPay(ペイペイ)
SNS

CBDオイル専門のセレクトショップ

カラダの神経・免疫調節成分をサポート。ステイホーム時代の新・健康習慣、大麻(麻)由来の健康サプリ、CBDオイルを24ブランド97商品からお届けします。

CTR IMG
エリア
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
決定する(1149件)
すべての選択を外す
ブランド
決定する(1149件)
すべての選択を外す
業態
決定する(1149件)
すべての選択を外す