「MAGIC SPICE(マジックスパイス) 札幌本店」のCBDオイルショップ(店舗)情報

CBDオイルショップ『MAGIC SPICE(マジックスパイス) 札幌本店』の外観
  • 飲食店

MAGIC SPICE(マジックスパイス) 札幌本店

元祖「スープカレー」にCBDをトッピング
こだわり情報
札幌市営地下鉄「南郷7丁目」駅から徒歩3分。

1993年創業の『MAGIC SPICE(マジックスパイス) 札幌本店』は、「マジスパ」の通称で親しまれる“元祖”スープカレー専門店です。

建物が放つ、独特な異国感とド派手なイルミネーションは、一見何の店か戸惑うほど。

店内には、ミラーボールまで回って派手さは外観同様ですが、調度品はインドネシア風にそろえてあり、居心地良い空間となっています。

2000年代にブームを引き起こし、全国的に有名になった札幌名物「スープカレー」。

同店創業者の泰山マスターは「スープカレー」の名付け親として知られる人物なのです。

インドネシアで出会った、スパイシーなチキンスープ「ソトアヤム」に感動したのがきっかけ。

「医食同源」の考えのもと、薬膳のアレンジを加えてオリジナルのスープカレーを生み出し、一大ブームの火付け役となりました。

7段階から選べる辛さ、約40種類のトッピングなど楽しみ方は無限。

「クセになる美味しさ」と、独特の摩訶不思議な世界観含め、リピーターや親子2代で通うファンから愛されています。

CBD(カンナビジオール)は、健康食材のひとつとして2021年夏から取り入れました。

同店オリジナルのCBDオイルを開発し、カレーのトッピングとして、1ショット(1ml)200円にて提供しています。

レジでは、CBDオイルの購入も可能。

泰山マスターの息子で、同店統括店長のイッペイ スカイウォーカーさんはこう語ります。

「CBD原料の大麻(麻)は、麻の実トッピングや麻炭コーヒーなど、もともとあったメニューでもおなじみ。食後は気分が軽くなる、口当たりがマイルドになると好評です」

東京・名古屋・大阪に支店あり。

各店舗とも、ご当地グルメなどを使用した店舗限定のスープカレーを用意しています。

元祖にして唯一無二の味を体験しに、足を運ぶ価値のあるお店です。
公式サイト
http://www.magicspice.net/
TEL
011-864-8800
住所
〒003-0024 北海道札幌市白石区本郷通8丁目南6-2
最寄り駅
「南郷7丁目」駅
路線
札幌市営地下鉄
お問い合わせ先
営業時間
11:00〜22:00
定休日
水木曜
取り扱いブランド
マジックスパイス(MAGIC SPICE)
決済方法
クレジットカード:AMEX(アメックス)・JCB・Diners(ダイナース)・Discover(ディスカバー)・VISA(ビザ)・Master(マスター)・UnionPay(ユニオンペイ)
電子マネー:ICOCA(イコカ)・Kitaca(キタカ)・QUICPay(クイックペイ)・Suica(スイカ)・nanaco(ナナコ)・PASMO(パスモ)・はやかけん・楽天Edy(エディ)・WAON(ワオン)
SNS
Twitter / Instagram / Facebook

CBDオイル専門のセレクトショップ

カラダの神経・免疫調節成分をサポート。ステイホーム時代の新・健康習慣、大麻(麻)由来の健康サプリ、CBDオイルを21ブランド71商品からお届けします。

CTR IMG
エリア
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
決定する(1254件)
すべての選択を外す
ブランド
決定する(1254件)
すべての選択を外す
業態
決定する(1254件)
すべての選択を外す