CBC(カンナビクロメン)とは何?

(当記事は、アメリカでの法律、研究に基づいて作成されています)

CBC(カンナビクロメン)は、エンド・カンナビノイド・システムの中でも、あまり知られていない体内のTRPA1受容体に結合。

強力な抗炎症作用を持ちながら、酩酊することのないカンナビノイドです。

また、CBCには抗菌作用があることも確認されています。

CBCは、大麻(麻)のトリコームで生成されます。

必要な書類準備から輸入の手続き代行まで丸ごとサポート

CBCとは?

CBCは、医学研究において著名なカンナビノイドであり、体内のエンド・カンナビノイド・システムとの自然な相互作用により、がん治療に効力を発揮する可能性があります。

2014年『Oncotarget』誌に掲載された文献レビューでは、CBCなどのカンナビノイドが「異なる起源の腫瘍に対して直接的な抗増殖効果を発揮する」と結論づけられています。

市販で入手できるCBCの形として、大麻由来のCBCとともに、CBCクリーム・CBCエキス・CBCオイルがあります。

特にクリームは『Experimental Dermatology』に掲載された2016年の研究によれば、ニキビ治療に役立つ可能性があるとのことです。

CBCの抗炎症作用は、ニキビの原因となる皮脂腺の過剰な分泌を鎮めると期待されています。

必要な書類準備から輸入の手続き代行まで丸ごとサポート

CBCとCBDの比較

CBCとCBD(カンナビジオール)は、大麻の主な精神活性化合物であるTHC(テトラヒドロカンナビノール)とは異なり、どちらも酩酊しません。

CBDは、CBCよりも多くの研究対象になっていますが、後者の腫瘍縮小剤としての可能性は最近の発見であり、今後、また変わっていくかもしれません。

CBCは、がん性腫瘍を標的とする可能性において、CBG(カンナビゲロール)と同様に有効であることが証明されるかもしれません。

<参考文献>
ウィードマップス(weedmaps)』イツァーク・クレック博士によるレビュー(2021年6月9日)
※当サイトでご紹介する商品は、医薬品ではありません。また、病気の診断、治療、予防を目的としたものでもありません。
※記事はアメリカでの法律、研究に基づいて作成されています。記載されている内容について日本国内での適法性や、記載されている内容の正確性は当社は保証しません。
※本記事を転載、または引用をされる場合は、情報元としてサイト名(CBD Library)と当URLの掲載をお願いいたします。

必要な書類準備から輸入の手続き代行まで丸ごとサポート

CBDオイル専門のセレクトショップ

カラダの神経・免疫調節成分をサポート。ステイホーム時代の新・健康習慣、大麻(麻)由来の健康サプリ、CBDオイルを21ブランド71商品からお届けします。

CTR IMG