高齢者の大麻(麻)使用について

(当記事は、アメリカでの法律、研究に基づいて作成されています)

日本最大級の品揃え。CBDオイル専門の通販セレクトショップ

「大麻を使用する」と申告する高齢者の数が、著しく増加中です

アメリカで、大麻使用を報告する層が最も増えているのは、55歳以上の年齢層です。

全米では、50歳以上の推定9%が、過去1年以内に大麻を使用したとの統計があります。

2016〜2018年にかけて、65~69歳の自己申告による大麻使用率は、男性では8%。

女性では4%近くと約2倍になりました。

アメリカの65歳以上の全成人のうち、過去1年以内に大麻を使用したと報告した人の割合は、近年2倍の4.2%になっています。

大麻が合法の州(ワシントン州)に居住する50歳以上のアメリカ成人の代表サンプルにおいて、男性の38%。

女性の25%が、過去1年以内に大麻を使用したことがあると認めました。

65歳以上のアメリカ成人の代表サンプルにおいて「週に1~2回大麻を吸う人は身体的に、またその他の面でも危害を加えるリスクが大きいと考える」高齢者の割合は、2015年から2019年の間に約20%減少しました。

日本最大級の品揃え。CBDオイル専門の通販セレクトショップ

治療目的で大麻を使用し始める高齢者の割合が増えています

「過去1年以内に大麻の使用経験あり」と回答した、アメリカの50歳以上の成人の内、約20%が治療目的の使用でした。

大麻が合法の州(カリフォルニア州)に住む高齢者(65歳以上)のコホート調査では「過去3年以内に大麻を使った」と報告した人の78%が「医療用に使用した」と報告していました。

調査対象となった高齢者のほとんどは、60歳以降に大麻の使用を開始し、主に痛み・睡眠障害・不安および・または抑うつを治療するために医療目的で使用していました。

大麻を使用している団塊世代(56歳~74歳)1,000人を対象とした2020年の全米調査では、回答者の半数が「治療目的」と回答しています。

<参考文献>
▶︎ VeriLife 2020年調査:英文

日本最大級の品揃え。CBDオイル専門の通販セレクトショップ

高齢者が大麻を使用することで、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)が向上することを示す科学的データが増えています

「イリノイ州医療大麻患者プログラム 」に登録している60歳以上の人を対象にアンケートを実施。

退役軍人は、精神疾患のために大麻を使用する傾向が強くありました。

また、退役軍人は、痛み・睡眠の質・健康状態・生活の質について、大麻使用による望ましい健康上の変化を報告していました。

高齢者が慢性疾患の治療やコントロールのために、処方薬の代替として医療用大麻を使用することに対する理解と経験を調査しました。

研究参加者は「医療用大麻を使用して症状をコントロールし、痛みから解放され、医薬品への依存を軽減しつつ、生活の質を向上させることができることに満足している」と報告しました。

過去1年間に医療用大麻を使用した60歳以上の139人から、匿名のアンケートによる横断的なデータを収集しました。

その結果、大麻の使用頻度の高さと、健康関連生活の質および医療利用スコアの改善との間に、強い正の関連がありました。

また、回帰モデルでは、大麻の使用頻度の高さと、自己申告による痛みの症状の改善との間に、強い正の関係がありました。

ほぼ毎日の使用と報告の改善との間に正の関係があり、疼痛管理の治療法としての医療用大麻の価値が認められています。

コロラド州を地域的にサンプリングした調査では、高齢者の娯楽用および医療用大麻の使用と自己申告の健康のパターンを分析しました。

娯楽用および医療用大麻を合法的に入手できる60歳以上の高齢者を対象とした調査において、過去1年間のマリファナ使用について複数のパターンを調べました。

すると、大多数が「大麻使用が生活の質に全体的に良い影響を与えている」と感じていました。

医療用大麻を使用している高齢者の特徴を評価し、治療の安全性と有効性を評価することを目的とした。

調査期間中、65歳以上の患者2,736人が大麻治療を開始し、最初のアンケートに回答し、平均年齢は74.5歳±7.5歳でした。

6ヵ月間の治療後、93.7%の患者が症状の改善を報告し、痛みのレベルは0~10のスケールの中央値8から中央値4に減少しました。

また、ほとんどの患者が「全体的な生活の質が大幅に改善した」と報告しました。

本研究では、大麻の治療的使用は、高齢者集団において安全かつ効果的であることがわかりました。

日本最大級の品揃え。CBDオイル専門の通販セレクトショップ

高齢者の大麻使用は身体活動率の増加と連動します

2005〜2006年の国民健康・栄養調査から得られたデータです。

合計2,092名の参加者(年齢20~59歳、女性48.8%)の座位または横たわった状態での活動・軽度の身体活動・中等度から激しい身体活動を加速度計を使用して測定しました。

参加者は、過去30日間の大麻使用頻度に応じて、軽度・中等度・頻繁・常用なしの大麻使用者に分類されました。

頻繁に大麻を使用する人は、そうでない人よりも多くの身体活動を行っていました。

40歳以上の成人でなおかつ煙草を吸わない人では、その傾向がより強いと確認されました。

今回の調査結果は「大麻使用者は運動量が少ない生活をしている」という、一般的な認識を覆しました。

運動介入試験に参加した高齢の大麻使用者と非使用者の間で、体格指数(BMI)・運動行動・心血管健康度の違いを測定しました。

その結果、高齢の大麻使用者は、非使用者と比較して運動介入試験開始時のBMIが低く、介入期間中の毎週の運動日数が多く、介入終了時にはより多くの運動関連活動を行っていました。

補足すると、これらの知見は、大麻を使用している高齢者にとっては、運動行動の増加と維持が容易である可能性を示唆している。

なぜなら、大麻使用者は非使用者に比べて体重が軽いからです。

少なくとも大麻の使用は、高齢者の身体能力・監修された運動プログラムに参加する能力、または身体活動の結果として健康を向上させる能力を妨げないことを示唆する証拠である。

<参考文献>
ノーマル(NORML)』編集部の投稿
※当サイトでご紹介する商品は、医薬品ではありません。また、病気の診断、治療、予防を目的としたものでもありません。
※記事はアメリカでの法律、研究に基づいて作成されています。記載されている内容について日本国内での適法性や、記載されている内容の正確性は当社は保証しません。
※無断転載禁止です、発見した場合、然るべき法的措置をとらせていただきます。

日本最大級の品揃え。CBDオイル専門の通販セレクトショップ

>CBDオイル専門のセレクトショップ

CBDオイル専門のセレクトショップ

カラダの神経・免疫調節成分をサポート。ステイホーム時代の新・健康習慣、大麻(麻)由来の健康サプリ、CBDオイルを19ブランド101商品からお届けします。

CTR IMG