「CB2(カンナビノイド受容体タイプ2)とは?」を丸ごと解説

(当記事は、アメリカでの法律、研究に基づいて作成されています)

CB2は、体内のエンド・カンナビノイド・システム(ECS)に含まれる重要なタンパク質です。

体内の免疫システムに大きく関わり、炎症反応に重要な役割を果たしています。

「身体には、CB1とCB2という2つの主要なカンナビノイド受容体があります」

「CB2受容体は、主に免疫細胞に存在します」

CB2受容体とは?

カンナビノイド受容体は、体内に存在するエンド・カンナビノイド・システムの重要な構成要素です。

人体がすべての機能を最大限に発揮するためには、バランス、つまりホメオスタシスと呼ばれる身体の恒常性を保つしくみが必要です。

エンド・カンナビノイド・システムは「カンナビノイドという伝達物質」「カンナビノイドが結合する受容体」、そして「カンナビノイドを分解して代謝する酵素」という、3つの要素によって身体の恒常性を維持しています。

エンド・カンナビノイド・システムには、痛み・ストレス・食欲・エネルギー・代謝・心血管機能・報酬と意欲・生殖・睡眠などを調節する役割があります。

研究が最も進んでいるカンナビノイド受容体は、カンナビノイド受容体タイプ1(CB1)とカンナビノイド受容体タイプ2(CB2)です。

CB1とCB2の機能は微妙に異なりますが、どちらの受容体も、エンド・カンナビノイド・システムにおいて重要な役割を果たしています。

CB1受容体とCB2受容体はどこにあるの?

CB1受容体は、主に脳・中枢神経系・肺・肝臓・腎臓などで活動しています。

CB1受容体の活動は、中枢神経系で特に顕著であり、神経細胞と相互作用します。
CB1とCB2の分布図
一方、CB2受容体は、主に、血流に乗って全身を循環する免疫細胞に存在しています。

また、脾臓や一部の骨や肝臓の細胞にも存在しています。

CB1とは異なり、CB2受容体は、脳幹や海馬を除き、神経細胞には通常存在しません。

しかし、ミクログリアと呼ばれる非神経細胞は、炎症や傷に反応してCB2受容体を発現するといわれています。

CB2受容体は、脳にあるの?

CB1受容体は、主に全身を巡る免疫細胞に発現しているCB2受容体よりも、脳内に多く存在しています。

しかし、2015年の研究で「CB2受容体とその遺伝子は、脳の報酬系や薬物依存に関わる腹側被蓋野とよばれる脳領域の、ドーパミンを含む神経細胞に発現する 」ことが判明しました。

この研究により、これまで知られていた以上に、CB2受容体が脳の活動に大きな機能を果たしている可能性が明らかになりました。

CB2受容体の構造

CB2とCB1は、どちらもGタンパク質共役型受容体(GPCR)です。

Gタンパク質共役型受容体は、大規模かつ多様な細胞膜受容体のグループで、細胞内伝達物質であるGi/Goファミリーのタンパク質と結合して活性化します。

CB2は、CB1のように正確な立体構造が解明されていません。

したがって、分子がどのようにCB2に結合するか?については、CB1ほど詳しくわかっていません。

CB2受容体は、結合面を外側に向けた状態で、細胞膜上に存在します。

いわば、CB2受容体が「錠」、カンナビノイドが「鍵」として機能する、かんぬき錠のようなものです。

体内で合成されるカンナビノイドも、植物性(フィト)カンナビノイドも、CB2受容体を見つけて「鍵を開け」ます。

細胞内のGタンパク質は、CB2受容体の尾部に結合しており、カンナビノイドやその他のアゴニスト(活性化物質)によってCB2が活性化されると、その刺激を細胞内に伝達します。

ヒトの場合、CB2タンパク質はCNR2遺伝子から生成されます。体内で作られる他のすべてのタンパク質と同様に、CB2タンパク質を作るための「設計図」はDNAの中に存在します。

この設計図に、突然変異がランダムに起こることがよくあります。

科学者たちは、ヒトのCNR2遺伝子(CB2受容体の設計図)に、いくつかの異なるバージョン(変異)があることを発見しました。

これは、CBD(カンナビジオール)やTHC(テトラヒドロカンナビノール)などの大麻(麻)化合物に対する反応が、人によって異なる原因の一つかもしれません。

CB2受容体の機能

CB2は、2-アラキドノイルグリセロール(2-AG)と、アナンダミドという、エンド・カンナビノイド(体内で生成されるカンナビノイド)が強く結合する受容体です。

CB2受容体から解放されたGタンパク質は、他の多くのタンパク質や、免疫に関わる細胞内プロセスを活性化します。

CB2受容体の活動は、細胞のスイッチのようなもので、炎症や、細胞の生存と増殖の制御など、身体の恒常性(ホメオスタシス)を促進する細胞内プロセスを「オン」にします。

CB2受容体の活性化

CB2受容体は、炎症や傷があるときにだけ脳内に存在します。

炎症が起こると、活性化したCB2が炎症性シグナルの伝達経路を抑制して、正常な非炎症状態、つまりホメオスタシスの状態に戻します。

カンナビノイドは、CB2受容体に結合することでエンド・カンナビノイド・システムに働きかけ、抗炎症作用を発揮します。

CB2が活性化すると、慢性的なオピオイド使用による炎症反応が抑制されることが『米国疼痛学会』が発表した研究で明らかになりました。

オピオイド耐性を低下させることは、オピオイドの過剰摂取を防ぐ重要な手段です。

CB2の活性化は、オピオイド依存症や耐性の治療をする上で、重要な役割を果たすと考えられます。

また『米国心臓協会』と『米国脳卒中協会』が発表した研究結果によると、CB2の活性化は、脳卒中の症状を最小限に抑える可能性があるそうです。

脳卒中による神経損傷の原因の多くは炎症であるため、CB2の活性化は脳卒中患者の神経保護に効果があると考えられます。

また、CB2遺伝子の変異は、ある種の骨粗鬆症や、他の自己免疫疾患にも関与している可能性があります。

一般的に、CB2の活性化は、免疫系のバランスを修正することで骨の健康を促進することがわかっています。

2005年の研究では、このCB2遺伝子の変異を持つ患者は、自己免疫疾患のリスクとなりうる免疫反応の低下が見られたと報告しています。

CBDはCB2受容体に結合するの?

体内のエンド・カンナビノイド・システムには、CBDに対する特定の受容体は存在しません。

THCやCBDなどの植物性カンナビノイドは、体内で合成される伝達物質であるカンナビノイドを模倣してCB1やCB2受容体に結合することで、活性化したり、逆に阻害したりします。

British Journal of Pharmacology』誌に掲載された論文によると、THCはCB1およびCB2受容体のアゴニスト(活性化物質)です。

つまりTHCは、カンナビノイド受容体に結合して、体内で生成されるエンド・カンナビノイドの役割を模倣するということです。

一方、CBDは、CB1やCB2受容体を活性化するのではなく、ブロックするアンタゴニスト(阻害物質)であることも、この研究で明らかになりました。

これが、THCによる一部の効果を、CBDが打ち消すと考えられている理由です。

<参考文献>
ウィードマップス(weedmaps)』イザック・クレック博士によるレビュー(2021年6月18日)
※当サイトでご紹介する商品は、医薬品ではありません。また、病気の診断、治療、予防を目的としたものでもありません。
※記事はアメリカでの法律、研究に基づいて作成されています。記載されている内容について日本国内での適法性や、記載されている内容の正確性は当社は保証しません。
※本記事を転載、または引用をされる場合は、情報元としてサイト名(CBD Library)と当URLの掲載をお願いいたします。

日本最大級の品揃え。CBDオイル専門の通販セレクトショップ

>CBDオイル専門のセレクトショップ

CBDオイル専門のセレクトショップ

カラダの神経・免疫調節成分をサポート。ステイホーム時代の新・健康習慣、大麻(麻)由来の健康サプリ、CBDオイルを19ブランド101商品からお届けします。

CTR IMG