【体験記】アジアの大麻(麻)先進地、タイ弾丸トラベラー

この記事は、2020年10月10日〜12日で、アジアの大麻(麻)先進地、タイ(バンコク)で実体験したことを元に書いております。

また、日本人の大麻の推奨はしておりません。

2泊3日の弾丸トラベラーでしたが、下記施設に訪れ、情報インプットすることができました。

大麻レストラン:1件
CBDショップ:6件
医療大麻クリニック:1件
大麻ベンチャー企業オフィス:2件
インドア農場:1件
アウトドア農場:1件
工場:3件

それでは、写真掲載の許可をいただいた施設について、ご紹介して参ります!

卸販売から輸入支援、分析検査、視察ガイド、資格取得支援まで豊富なラインナップ

大麻(麻)レストラン

Royal Queen Seeds Thailand

タイの大麻レストラン『Royal Queen Seeds Thailand』

URL:https://www.facebook.com/saricabarandrestaurant/

こちらは、到着早々の腹ごしらえで突撃した、大麻レストラン。

希望すれば、葉っぱ丸々、フードメニューにトッピングできます。

加工なし。

豪快です。

卸販売から輸入支援、分析検査、視察ガイド、資格取得支援まで豊富なラインナップ

CBDショップ

Royal Queen Seeds Thailand

タイのディスペンサリー『Royal Queen Seeds Thailand』
URL:https://www.facebook.com/RoyalQueenseedsbangkok/

壁一面に描かれた大麻株がインパクト抜群のディスペンサリー。

店内は撮影NGでしたが、1Fがディスペンサリーで、種・バッズ・CBD/THCブラウニー・各種アクセサリーが購入できます。

本場オランダの種がそろっており、スタッフ・来客ともに欧米人比率が高かったです。

Chopaka weed shop

タイのディスペンサリー『Chopaka weed shop』

タイのディスペンサリー『Chopaka weed shop』

URL:https://chopaka.shop/

今回訪問したショップで、唯一、身分証を求められました。

こちらは、お店の看板商品で、量り売りのテルペングミ。

鮮やかな色使いだけでなく、マシュマロをテルペン(香り成分)配合のグミで挟んだユニークな発想です。

テルペンは、商品に個性を加える要素として、様々な可能性がありそう。

THAI CANNABIS CLUB

タイのディスペンサリー『ChoTHAI CANNABIS CLUB』

タイのディスペンサリー『ChoTHAI CANNABIS CLUB』

URL:https://www.thaicannabisclub.com/en

今やパッポンを上回る歓楽街、ソイカウボーイのショップ。

全品タイ産のバッズと喫煙具中心の品ぞろえで、価格帯は650〜800バーツ(¥2,500〜3,000)/gです。

THC比率や、サティバ/インディカ/ハイブリッド、効果などの表記が丁寧に紹介されています。

Sensii Dispensary

タイのディスペンサリー『Sensii Dispensary』

URL:https://thaiweedguide.com/directory-dispensaries/listing/sensii/

多くの日本人が、バンコクのディスペンサリー巡りで訪れる『Sensii Dispensary』。

レストランが併設されており、そこでジョイントを吸うこともできます。

個人的には、クラトム(日本では指定薬物)配合ドリンクをゲットする裏テーマがあったのですが、すでに売切でした。

CHOO-CHOO HEMP

タイのディスペンサリー『CHOO-CHOO HEMP』

タイのディスペンサリー『CHOO-CHOO HEMP』

URL:https://www.facebook.com/profile.php?id=100083150351798

看板にデカデカと踊る「マリファナ」「大麻」の文字が目印の『CHOO-CHOO HEMP』 。

お婆ちゃん秘伝の佃煮のように陳列されたバッズは、数えきれないほどの種類で、生活にハーブが根づいたタイらしいです。

店内中央には、テーブル、巻き紙が用意され、その場で吸えます。

卸販売から輸入支援、分析検査、視察ガイド、資格取得支援まで豊富なラインナップ

ヘンプショップ

HEMP THAI

タイのヘンプショップ『HEMP THAI』

タイのヘンプショップ『HEMP THAI』

URL:https://www.hempthai.com/

大麻の茎・葉・根・種子を活用した雑貨工房。

洋服・カバン・靴・スカーフ・ブレスレットなど、ナチュラルなアパレル以外にも、ストロー・石けん・建材・紐・紙まで、大麻からこんなにもたくさんの商品をつくることができるのか?と、大変、驚かされました。

卸販売から輸入支援、分析検査、視察ガイド、資格取得支援まで豊富なラインナップ

医療大麻クリニック

CANNAHEALTH

タイの医療大麻クリニック『CANNAHEALTH』

タイの医療大麻クリニック『CANNAHEALTH』

タイの医療大麻クリニック『CANNAHEALTH』

タイの医療大麻クリニック『CANNAHEALTH』

タイの医療大麻クリニック『CANNAHEALTH』

タイの医療大麻クリニック『CANNAHEALTH』

タイの医療大麻クリニック『CANNAHEALTH』

URL:https://www.facebook.com/cannahealthclinicth

タイには、CBDと医療を融合させた先進的なクリニックがあります。 今回、その一番手でもある『CANNAHEALTH』の医療サービスを体験しました。

診療の流れ(オフィスシンドロームコース)

▼予約

▼ドクターによる問診とコース選択

▼個々の疾患に応じた、最適な配合のCBDオイルを処方

▼CBDオイルとドクターによる伝統マッサージ

卸販売から輸入支援、分析検査、視察ガイド、資格取得支援まで豊富なラインナップ

アウトドア農場

タイのアウトドア農場『Thai Leaf Biotechnology』

タイのアウトドア農場『Thai Leaf Biotechnology』

タイのアウトドア農場『Thai Leaf Biotechnology』

乾燥大麻

同社保有の屋外(グリーンハウス栽培)では、広大な敷地に、医療向けのCBD原料となる大麻(麻)が栽培されています。

同社は、アメリカの大学やカナダ企業とも資本提携し、最先端の研究・抽出設備も展開。

最後の写真は(もちろん、持ち帰れませんでしたが)『Thai Leaf Biotechnology』代表から「コレあげるから持っていきなよ」と渡されたバッズ(花)の詰め合わせ。

袋を開けると、フワっと自然で上品な匂い。

インドア農場&工場

Dr.CBD

タイのインドア農場『Dr.CBD』

タイのインドア農場『Dr.CBD』

タイのインドア農場『Dr.CBD』

URL:https://drcbdgroup.com/

タイのCBDブランド『Dr.CBD』のインドア農場も訪問(厳重に衛生&品質管理されたGMP認定工場も併設)。

同社代表はタイの産業用ヘンプトレード協会会長を務め、大麻クリニックも運営する、タイのCBD業界を牽引する存在です。

CBDオイル専門のセレクトショップ

カラダの神経・免疫調節成分をサポート。ステイホーム時代の新・健康習慣、大麻(麻)由来の健康サプリ、CBDオイルを21ブランド71商品からお届けします。

CTR IMG