【体験レポート】世界最大級の大麻エキスポ『カンナフェス2021』前編

当記事は、世界のヘンプ(麻)ビジネスの情報メディア『ヘンプトゥデイジャパン(HempTODAY Japan)』とのコラボ企画です。

 

CBDライブラリーとヘンプトゥデイジャパンのロゴ

アリー
前回レポートの『メリージェーン ベルリン2021』に続いて、世界最大級の大麻(麻)の展示会が開催されたんだってね!
アリー
そう!世界最大級だけあって、とても1つの記事におさまらなくて。。。前編/後編に分けてお届けするよ!

「『カンナフェス2021(Cannafest2021)』って、どんな展示会?」
「ヨーロッパの最新CBD(カンナビジオール)事情が知りたい!

という方のためにお届けします。

みなさんこんにちは!

日本にいると信じられませんが、海外ではCBDの原料でもある大麻(麻)の展示会があるのをご存知ですか?

CBD Libraryの特派員として、2021年11月にプラハで開催された『カンナフェス2021』に参加してきました。

この記事では、日本人目線で現地の最新情報と盛り上がりをお届けしたいと思います。

今なら受講費¥5,000 OFFキャンペーン実施中

『カンナフェス2021(Cannafest2021)』の概要

イベント名称カンナフェス2021
開催期間2021年11月5日〜7日
開催場所プラハ(チェコ)
入場料200czk(8ユーロ)〜
出展者356社
来場者30,000人以上

世界最大級の大麻エキスポ『カンナフェス2021』のゲート

イベント名『カンナフェス2021』の「カンナ」は、英語で大麻を表すカンナビス(cannabis)が由来。

ドイツの『メリージェーン』、スペインの『スパンナビス』に並ぶ、ヨーロッパ三大大麻(麻)エキスポの一つで、世界最大級の規模を誇ります。

新型コロナウイルス感染症や大麻マーケット共に、めまぐるしく環境が変化する中、今回、新型コロナ拡大以降初の開催となりました。

世界最大級の大麻エキスポ『カンナフェス2021』の会場内

開催地チェコの首都プラハは「ヨーロッパのヘソ」と呼ばれる通り、名実ともに中心地に位置した都市。

産業用大麻ビジネス・自由主義・自然回帰など、大麻文化が根付いた国としても知られています。

ヨーロッパの大麻業界の中では、常に人気トップにあげられる場所です。

世界最大級の大麻エキスポ『カンナフェス2021』の会場内

世界最大級の大麻エキスポとして、 今回で15回目の開催。

年々にその規模と質は上がっています。

しかし「世界最大級の大麻エキスポ」という冠を手に入れてすぐ、新型コロナウイルス感染症が広まってしまいました。

残念ながら、昨年2020年11月は、中止となったのです。

世界最大級の大麻エキスポ『カンナフェス2021』の会場内

私個人も『カンナフェス』を楽しみにしていたのでチェックはしていました。

運営者たちも開催できるよう頑張っていたこともSNSの発信からうかがえました。

世界最大級の大麻エキスポ『カンナフェス2021』の会場内

2021年、一年越しでの開催されたことは、大麻ファンや産業にとって大きな役割を果たしていると思います。

一方で、コロナ前と比較してしまうと、やはりその影響は色濃く残っていました。

世界最大級の大麻エキスポ『カンナフェス2021』の会場内
確かに、世界中でイベントが中止や延期が相次ぐ中、出展する側も参加を決めにくいでしょうし、来場者も行くことを迷うのは分かります。
しかし現場の出展社や来場者たちは、みんな元気いっぱいで盛り上がっており、そんな不安を忘れさせてくれます。
世界最大級の大麻エキスポ『カンナフェス2021』の会場内
ちなみに、記事投稿時点で、チェコのワクチン摂取率は57%。
ワクチン証明がない場合、入り口近くにあるアンティゲンテストでの陰性証明が必要です。
また入場料200czk(8€=約1,050円)は、プラハの若者には少し抵抗があり、人数も少なくなったように感じました。
それでは、CBDの展示内容を国別に紹介していきましょう!

CBD(カンナビジオール)の展示内容

チェコのCBDブランド

地元ということで、大小様々なブランドが出展をしていました。
ヨーロッパ初のCBDショップ『CBD CLUB』
▲ヨーロッパ初のCBDショップ『CBD CLUB(CBDクラブ)』。
<参考文献>
▶︎ CBD CLUB:公式サイト
CBDが世界に登場する前からヘンプフードや大麻グッズを扱っている老舗ブランド『EUPHORIA』
▲ CBDが世界的に注目される以前、1999年からヘンプフードや大麻グッズを扱っている老舗ブランド『EUPHORIA(ユーフォリア)』。
水溶性もある『CBD NANO』
▲ テクノロジーの進化にともない登場した、水溶性CBD。独自のポジションを確立しています。『CBD NANO(CBDナノ)』。
<参考文献>
▶︎ CBD NANO:公式サイト

チェコ×フランスのCBDブランド

「チェコはビジネスが自国よりしやすい」ということで、他国からチェコへ拠点を移す会社も多く見られました。
チェコとフランスのCBDブランド『麻ビオ』
▲ 麻+BIOで、なんと『Asabio(アサビオ)』というブランド名。日本古来の麻模様と右はフランスの美女がロゴ。
<参考文献>
▶︎ Asabio:公式サイト
チェコとフランスのCBDブランド『麻ビオ』
▲ 『Asabio(アサビオ)』のCEOはフランス人。今回は、新作となるコスメラインに力を入れた出展です。
プラハにラボを構えるフランス人ファウンダーの会社『Happease』
▲ プラハにラボを構えるCBDブランド『Happease(ハッピース)』。創業者は、これまたフランス人です。品種を限定して精製されたCBDオイル・テルペンフレーバー強めなCBDオイルを新たに取り扱っています。
日本では、フランスのCBDブランドをあまり耳にしませんが、このように拠点を様々な場所に構えていることも理由に挙げられるかもしれません。

フランスのCBDブランド

そんな中、パリに拠点を構える気鋭のブランドが登場しました。
ファンキーなデザインのCBDブランド『CAKE SPACE』
▲ カラフルでファンキーなデザインが、新しいパリとヘンプのイメージを創造する『CAKE SPACE(ケイクスペース)』。彼らはフォーミュレーション、つまり調合に長けていることを特徴としています。
ファンキーなデザインのCBDブランド『CAKE SPACE』
▲ CBD以外のレアカンナビノイドも豊富。CBG(カンナビゲロール)・CBDA(カンナビジオール酸)・CBN(カンナビノール)などの比率、テルペンフレーバーのチョイスなども様々あり、法人向けにカスタマイズ対応も可能です。

中央ヨーロッパのCBDブランド

中央ヨーロッパに位置する、開催地チェコ・プラハの隣国ブランドも見てみましょう。
スロバキア・ハンガリー・ポーランドなどの東側諸国の新ブランドが頑張っています。
スロバキアのCBDブランド『ZeeBeeDee』
▲ 少しずつ大麻規制が緩和されつつある、スロバキアのCBDブランド『ZeeBeeDee(ズィービーディー)』。
<参考文献>
▶︎ ZeeBeeDee:公式サイト
ハンガリーのCBDブランド『TETRAGENOM(テトラゲノム)』
▲ ハンガリーのCBDブランド『TETRAGENOM(テトラゲノム)』は、真っ黒のCBGを見せてくれました。
<参考文献>
▶︎ TETRAGENOM:公式サイト
ポーランドのCBDブランド『HEMPLAB』
▲ ポーランドのCBDブランド『HEMPLAB(ヘンプラボ)』 は、デザイン性が高く、注目を集めていました。
<参考文献>
▶︎ HEMPLAB:公式サイト
スロバキアのCBDブランド『HEMPBONA(ヘンプボナ)』
▲ ファミリー経営で大麻農場を営む、スロバキアのCBDブランド『HEMPBONA(ヘンプボナ)』。
<参考文献>
▶︎ HEMPBONA:公式サイト

スイスのCBDブランド

スイスは、ヨーロッパ諸国の一般的なTHC(テトラヒドロカンナビノール)規制0.2〜0.3%に対して、1%までが合法です。
小さい国ですが、何百というCBDブランドが存在するCBD先進国で、特に、メディカル分野の品質に定評があります。
スイスのCBDブランド『MarryJane(メリージェーン)』
▲ 16tもの生産キャパシティを持つ高品質ヘンプ『MARRY JANE(メリージェーン)』。
<参考文献>
▶︎ MARRY JANE:公式サイト
スイスのCBDブランド『GREEN BROTHERS(グリーンブラザーズ)』
▲ 日本にこれから上陸予定の『GREEN BROTHERS(グリーンブラザーズ)』。

コスメ関連のCBDブランド

今回の『カンナフェス2021』では、コスメ関連のCBDブランドの顔ぶれが多い印象でした。
番外編として、ここからは、どの国か?を問わず、ご紹介します。
イタリアのCBDブランド『HEMPHILIA(ヘンフィリア)』
▲ スキンクリームのラインナップが充実した『HEMPHILIA(ヘンフィリア)』は、ヘンプ香水を出品。
<参考文献>
▶︎ HEMPHILIA:公式サイト
デンマークのCBDブランド『Leonhard(レオンハルト)』
▲デンマークのCBDブランド『Leonhard(レオンハルト)』は、手づくりでオーガニックな発毛ヘンプシャンプー、コンディショナーなどを出品。
<参考文献>
▶︎ Leonhard:公式サイト
リトアニアのCBDブランド『MOONEO(ムーネオ)』
▲ 大麻のイメージを一切出さず、月の神秘的イメージから名付けた、リトアニアのCBDブランド『MOONEO(ムーネオ)』。
<参考文献>
▶︎ MOONEO:公式サイト

今なら受講費¥5,000 OFFキャンペーン実施中

まとめ

ここまで、開催国チェコの大麻産業の状況、ヨーロッパ諸国の様々なCBDブランドをご紹介してきました。

冒頭でご説明した通り、世界最大級のエキスポだけあって、一つの記事では紹介しきれません。

後編は、世界のヘンプ(麻)ビジネスの情報メディア『ヘンプトゥデイジャパン』にてご覧ください。

CBDという枠を超え、大麻の幅広い可能性を感じされる記事となっています。

アリー
さすが世界最大級!スケールが大きくて、ビックリしたよ!
アリー
また大麻のイメージが変わるね。さぁ、後編を見てみよう。
<参考文献>
カンナフェス2021(Cannafest2021)』本国サイト、筆者レビュー
※本記事は、大麻についての正しい知識・情報を発信することを目的とし、大麻の所持、栽培、譲渡等を推奨するものではありません。大麻の所持、栽培、譲渡等は、国内・国外の法律その他に違反することがありますので、適法性については専門家にご相談ください

今なら受講費¥5,000 OFFキャンペーン実施中

CBDオイル専門のセレクトショップ

カラダの神経・免疫調節成分をサポート。ステイホーム時代の新・健康習慣、大麻(麻)由来の健康サプリ、CBDオイルを24ブランド97商品からお届けします。

CTR IMG