CBD用量の目安

(当記事は、アメリカでの法律、研究に基づいて作成されています)

近頃は、あらゆる場所で、色んなCBD(カンナビジオール)商品を見かけます。

近所のカフェではCBDラテが販売されていますし、CBD配合の美容品も増え続けています。

アメリカ中の薬局チェーンでは、CBD商品が棚に積み上げられているほどです。

CBDオイルやCBDを配合した商品を見つけるのは難しくありませんが、最も効果的なCBDの用量を見極める難しさとなると、まったく話が変わります。

CBDは、大麻(麻)から抽出されるカンナビノイドで、酩酊作用はありません。

CBDには、抗炎症作用・鎮痛作用・抗不安作用・発作抑制作用など、さまざまな治療効果が期待されています。

CBDは、すでに人気沸騰中でしたが、2018年の農業法案の可決により、ヘンプ(産業用大麻)の生産が合法化されると、CBD市場の勢いはさらに加速しました。

ヘンプ由来のCBDオイルやCBDを配合した商品が、一般向け市場に大量に流れ込むようになりましたが、ほとんどの消費者は、最も効果的なCBDの用量を見つける方法を知りません。

CBDオイルを飲んでいるシーン

▲さまざまな症状や病気に対し、CBDが治療効果を示す証拠があります(写真:ジーナ・コールマン/ウィードマップス)

それぞれの病気や症状ごとに最適なCBDの用量を決定するには、さらなる研究が必要ですが、てんかん・慢性の痛み・炎症・オピオイド中毒・不安など、さまざまな症状や病気に対して、CBDが治療効果を示す証拠があります。

CBD商品がどのように作用し、どのような形で販売されているかを知ることで、病気や症状に合わせ、CBDを適切に摂取することが可能になります。

日本最大級の品揃え。CBDオイル専門の通販セレクトショップ

CBD商品を選ぶ際のポイント

オンラインショップや、アメリカ中の健康関連商品の売場では、膨大な種類のCBDオイルや配合商品が販売されていますが、この中からベストな商品を見つけるためには、何を基準にして選ぶべきか知っておくことが大切です。

日本最大級の品揃え。CBDオイル専門の通販セレクトショップ

どんなCBD商品を購入したらいいの?

以下に示すように、CBD商品には多くの種類があります。

最適なCBDの用量については、それぞれの商品ごとに検討する必要があります。

  • CBDオイル
  • クリームやローションなどの塗るタイプ
  • カプセル
  • 口腔スプレーやドロッパーなどの舌下摂取タイプ
  • CBDエディブル(CBDを配合した食品)
  • ベイプペン(電子タバコの一種)
  • CBD優位のバッズ(花)
  • CBDアイソレート
  • 坐薬

日本最大級の品揃え。CBDオイル専門の通販セレクトショップ

第三者試験機関による分析証明書(COA)

何よりもまず、CBDオイルやCBDを配合した商品は、信頼できるメーカーのものを選ぶことが非常に重要です。

特に、第三者機関による分析証明書(Certificate of Analysis:COA)が添付されているものが望ましいでしょう。

第三者機関による証明書があれば、商品に含まれるCBD量やその他の成分を、メーカーの言い分だけに頼らずに確認することができます。

CBDオイルを使っているシーン

▲商品のCBD総量と、1回あたりのCBD量は、必ずラベルに明確に表示されていなければなりません(写真:ジーナ・コールマン/ウィードマップス)

2018年の農業法案によってヘンプ由来の商品が合法化されて以来、FDA(米国食品医薬品局)は、CBDオイルやCBD商品をどのように規制すべきか、探り続けています。

FDAの監視の目が行き届かないために、CBD含有量が広告より少ない商品や、CBDがまったく含まれていない商品が出回っています。

たとえば、2017年11月に発表された研究によると、31社が販売しているCBD商品の成分を分析した結果、CBD含有量を正確に表示していたのは、84商品中わずか26商品(30.95%)でした。

日本最大級の品揃え。CBDオイル専門の通販セレクトショップ

商品ラベルを読みましょう

CBD商品のラベルには、第三者機関による証明以外にも、記載すべき情報があります。

CBD商品のラベルに記載された情報を把握すれば、消費者は高品質の商品を見つけやすくなります。

商品のCBD総量と、1回あたりのCBD量は、必ずラベルに明確に表示されていなければなりません。

ラベルに記載された以下の内容を確認し、信頼できるメーカーの商品であることを確認してください。

  • 1回の使用量に含まれるアクティブCBDの量
  • CBD以外の成分を含む、サプリメント成分の表示
  • 正味重量
  • メーカー/販売店名
  • 推奨される使用方法
  • 商品の種類(フルスペクトラム、ブロードスペクトラム、またはアイソレート)
  • バッチ/日付コード
  • 消費期限

「オーガニック」や「オールナチュラル」など、科学的根拠のない宣伝文句に惑わされないようにしましょう。

また、ラベルに「ヘンプ入り」や「ヘンプシードオイル配合」などと記載されている商品がありますが、これはヘンプ由来のCBDオイルとは異なり、カンナビノイドがほとんど含まれていないことが多いです。

日本最大級の品揃え。CBDオイル専門の通販セレクトショップ

CBDとTHCの比率を知ろう

また、CBD商品にTHC(テトラヒドロカンナビノール)が含まれているかどうか?含まれている場合には、CBDとTHCの比率を正確に把握しておくことも重要です。

たとえば、CBDとTHCの比率が「3:1」のCBDオイルは、CBDがTHCの約3倍含まれています。

CBDの量が多いほど、不安感やパラノイア(被害妄想)などのTHCの好ましくない影響を受けにくくなります。

CBDとTHCの比率は商品によって異なりますが、多くの場合「1:1」から「18:1」の範囲に収まります。

たとえばCBDとTHCの比率が「18:1」の商品は、CBDの量がTHCより圧倒的に多いため、THCがもたらす高揚感を避けることができます。

CBDとTHCの比率が「1:1」の商品は、バランスが取れており、THCによる多少の酩酊効果を許容する人に向いています。

CBDとTHCの比率が「2:1」や「3:1」の商品は、「1:1」の商品よりもCBDが多く含まれていますが、THCが作用する余地を多少、残しています。

しかし結局のところ、THCの作用に対する個人の耐性レベルが、酩酊の度合いに影響します。

CBDオイルとCBDクリーム

▲CBDとTHCが合わせて機能することで、より良い治療効果をもたらします(写真:ジーナ・コールマン/ウィードマップス)

最も効果的なCBDの摂取量を見つけるには、ちょっとした実験が必要になるかもしれません。

しかし、CBDとTHCの比率によって、どのように効果が違うか知っておけば、商品を絞り込む上で役立ちます。

まずはCBD優位のCBD商品の使用から始めて、必要に応じてTHCを多く含む商品を徐々に試してみましょう。

また、THC含有量が0~0.3%未満の、ヘンプ由来のCBD商品も多く販売されています。

そもそも、なぜCBDとTHCを組み合わせる理由は、この2つのカンナビノイドが相互作用することで、より良い治療効果をもたらすことが研究で示されたためです。

これは「アントラージュ効果」と呼ばれています。

2006年に『Medical Hypothesis』誌に掲載されたレビュー論文では、CBDは治療効果を向上させ、THCの副作用を軽減する可能性が示されました。

また、CBDとTHCの併用に好ましい相乗効果(アントラージュ効果)があることを支持する研究もあります。

たとえば、2012年の研究では、CBDの摂取量が多い大麻使用者は、記憶力が高いことがわかりました。

また、THCに多い副作用である不安感と被害妄想を、CBDが軽減すると示唆する証拠もあります。

日本最大級の品揃え。CBDオイル専門の通販セレクトショップ

病気や症状ごとに使い分けよう

CBDの最適な摂取量は、個人ごとの体質だけでなく、病気や症状によっても異なります。

また、一口にCBD商品と言っても、ある商品ごとに治療上のメリットがあるかもしれません。

たとえば、関節炎や慢性的な痛みに対処するためには、塗るタイプのCBDを患部に直接塗るほうが、オイルの舌下吸収やティンクチャーの摂取より効果的な場合があります。

実験用ラットを用いて行われた2016年の研究では、CBDを経口摂取した場合の生体利用率(薬がどれだけ血中に到達して全身に循環するかを示す指標)が限られていることが判明し、関節炎や筋肉痛などの特定部位の治療には、塗るタイプのCBDの方が効果的と推測されています。

日本最大級の品揃え。CBDオイル専門の通販セレクトショップ

どのくらいの量のCBDオイルを摂取すればいいの?

一人ひとりに最適な用量を決めるには、さらなる研究と教育ツールが必要ですが、既存の研究では、特定の病気や症状ごとに最適なCBDの用量を絞り込むことができます。

たとえば、米国の学術医療センターである『メイヨー・クリニック』は、科学研究や文献、伝統的な意見や専門家の見解をまとめ、さまざまな病気に対するTHCとCBDの用量の参考になるレビュー論文を発表しました。

その情報によると、不安感を抑えるためにはCBDを2.5~10mg、炎症を抑えるためには160mgから始めるのが良いかもしれません。

CBDオイルと大麻(麻)

▲理想的なCBDの用量は、CBD製品の種類や品質だけでなく、体重・食生活・代謝、他に服用している薬・遺伝・症状など、いくつもの要素によって左右されます(写真:ジーナ・コールマン/ウィードマップス)

ただし、理想的なCBDの用量は、CBD商品の種類や品質だけでなく、体重・食生活・代謝、他に服用している薬・遺伝・症状など、いくつもの要素によって左右されます。

そのため、万人に有効なCBDの用量のガイドラインを作成することはまだできませんが、現在入手可能な情報から、これまでの知見に基づく推定値を出すことは可能です。

もちろん、初めて使用する人は低用量から始め、最適なCBDの量がわかるまで、徐々に増やしていくとよいでしょう。

CBDオイルを摂取する際には、ボトルに付属するスポイトを使えば正確な量を測れます。

たとえば、50mlのボトル1本に、2,000mgのCBDが含まれているとします。標準的なスポイトには通常1mlの液体が入ります。

これを踏まえると、CBDの量をボトル内のオイルの量で割ればよいことになります。

この場合、1mlのスポイトには40mgのCBDが入っていることになります。

CBDを20mg摂取したい場合は、スポイトの半分までオイルを取って、舌下にたらすだけです。

CBDは、消化管からの吸収が非常に悪いため(つまり、飲み込んだCBDが血流に乗るのはごくわずかです)、ティンクチャーを摂る際には、すぐに飲み込まず、舌下にしばらく保持することが重要です。

現在、CBDの経口摂取による生体利用率を高める処方の開発が進められています。

たとえば、黒コショウに含まれる成分であるピペリンと一緒に、CBDを摂取する方法があります。

ピペリンは、ターメリックの吸収率を高めるためによく用いられる成分です。

最後に、特定の症状や病気の治療にCBDを使用する場合は、必ず医師に相談してください。

CBDに関する臨床的な専門知識を持っていない医師でも、患者ごとに適したCBDの用量を指南することができるかもしれません。

<参考文献>
ウィードマップス(weedmaps)』ボニー・ゴールドスタイン博士によるレビュー(2021年7月19日)
※当サイトでご紹介する商品は、医薬品ではありません。また、病気の診断、治療、予防を目的としたものでもありません。
※記事はアメリカでの法律、研究に基づいて作成されています。記載されている内容について日本国内での適法性や、記載されている内容の正確性は当社は保証しません。
※無断転載禁止です、発見した場合、然るべき法的措置をとらせていただきます。

日本最大級の品揃え。CBDオイル専門の通販セレクトショップ

>CBDオイル専門のセレクトショップ

CBDオイル専門のセレクトショップ

カラダの神経・免疫調節成分をサポート。ステイホーム時代の新・健康習慣、大麻(麻)由来の健康サプリ、CBDオイルを19ブランド101商品からお届けします。

CTR IMG