はじめての方も分かる「CBDオイルとその特徴」〜使用(摂取)方法編

アリー
CBDオイルって、使用方法が色々あって、どう選んだらいいか分からないんだけど、、、
福郎
よしわかった、分かりやすく説明しよう!

この記事は、

「CBDオイルの使用(摂取)方法が多すぎる」
「どの使用方法がいいか分からない」

という方のためにお届けします。

CBDオイルを分類する切り口はいくつかありますが、今回は最もポピュラーな使用方法別にご紹介いたします。

※当サイトでは原則、説明をシンプルにする便宜上、CBD製品をすべてひとくくりに『CBDオイル』と一般名称扱いで呼んできました。ただしこのコンテンツに関しては、使用方法別に細分化している点、ご了承ください。

まずは、下記に使用方法別の商品タイプと即効性・持続性を比較表にまとめましたので、ご確認ください。

使用方法商品タイプ即効性持続性
飲むCBD
  • ティンクチャー(スポイト/ドロッパー・スプレー)
  • カプセル
×
吸うCBD
  • リキッド
  • ワックス
×
塗るCBD
  • バーム
  • クリーム
  • ロールオン
  • 美容液
食べるCBD(エディブル)
  • グミ
  • キャンディ・飴
  • チョコレート
  • クッキー
  • ガム
×
その他
  • クリスタル(結晶)
  • フェイスマスク
  • バスボム
  • 経皮パッチ
  • 坐薬
商品タイプによる商品タイプによる

飲むCBD(ティンクチャー・スプレー)

CBDオイル(ティンクチャー)を飲んでいるところ

日本のCBDオイルの使用方法で最もポピュラーなのが、飲むタイプです。

ティンクチャーとスプレータイプがありますが、圧倒的にティンクチャータイプが広く普及しています。

フタの部分についているスポイト(ドロッパー)でオイルを吸い上げ、舌の裏側に数滴垂らした上で、数十秒含ませた後飲み込みます。

舌の裏側ですと、粘膜から比較的早く血管に吸収され、1〜15分ほどで効果が現れるためです。

商品や個人差にもよりますが、2〜9時間ほど効果は持続します。

メリット

使用量を調整でき手軽に始められます。

また、煙(水蒸気)が吐き出される吸うタイプのCBDリキッドと違って、見た目的にも日本人には抵抗感がありません。

商品バリエーションも多く、持ち運びも便利です。

デメリット

ダイレクトに味覚に訴える使用方法です。

CBDオイル独特の草のような風味が苦手と感じる方もいらっしゃいます。

最近は、ミントやフルーティなフレーバーが添加されたタイプの商品も増えていますが「どうしても飲めない」という方は、食事や飲み物に混ぜて使用しても問題ありません。

ただし、舌の裏側から摂取するよりは吸収効率が落ちます。

CBDは脂溶性の成分なので、油分を含んだヨーグルトなどに混ぜると、吸収効率を高めることができます。

後述するよう、色々な使用方法があるので、ご自身に合ったCBDオイルを検討してみてください。

飲むCBD(カプセル)

CBDカプセル

CBDオイルが入ったカプセルを飲む摂取方法です。

一般的な健康サプリメントと同じように、水と一緒に飲みます。

同じ飲むCBDでも、ティンクチャーやスプレーとは違い、腸で吸収され、肝臓で代謝されるため、食べるCBD(エディブル)に近い作用を示します。

1.5〜2時間ほどで効果が現れ、6〜9時間ほど効果は持続します。

メリット

手軽に摂取できる点、独特の風味がない点です。

持ち運びも楽ですし、人の目も気になりません。

また持続時間が長く、慢性的な悩みの解消に向いています。

デメリット

他の使用方法に比べると、使用量の調整が困難である点、胃腸から肝臓を経て代謝されるため、即効性は弱い点です。

カプセルで、自分の身体に合わない場合は、他の使用方法を検討してみてください。

吸うCBD(リキッド・ワックス)

CBDベイプ(リキッド)を吸っているところ
ヴェポライザー(電子タバコ)という、元々、医療器具として開発された電子タバコに似た器具で、CBDを吸う使用方法です。

海外ではこちらの方がポピュラーです。

ヴェポライザーは、元々、医療器具として開発された電子タバコに似た器具で、CBDリキッドを電気熱で温め、成分を気化させます。

CBDリキッドは、CBDオイルと同様、液体ですが、オイルではなく、PG(プロプレングリコール)やVG(植物性グリセリン)で希釈され、呼び名も区別されています。

CBDリキッドをヴェポライザー に注入しているところ

ワックスは、CBDオイルを含むワックス状の濃縮物で、こちらもヴェポライザー で気化させることができます。

使用方法は、吸った後、3秒ほど息を止め、肺の毛細血管から摂取します。

吸ってからすぐ〜90秒ほどで効果が現れますが、持続時間は短く、45分〜3時間ほどで消失します。

喫煙にも似ているので、不安に感じる方もいますが、低温で加熱し、あくまで気化させるだけです。

燃やすわけではないので、望ましくない化合物も軽減され、刺激の少ない水蒸気として吸うことができます。

呼吸器系の副作用を引き起こす可能性も少ないと言われています。

メリット

即効性が高い点、飲むCBD(ティンクチャー・カプセル)よりも吸収効率が良く独特の風味が薄い点です。

デメリット

即効性が高い一方で、持続時間が短い点です。

また、ヴェポライザーを使う分、器具の購入・交換や洗浄などのメンテナンスに手間もかかります(最近は安価で、操作も簡単な使い捨てベイプペンも販売されているので、解消されつつあります)。

塗る(クリーム・バーム)

CBDバームを塗ろうとしているところ

肌の気になる部分に直接塗る摂取方法です。

手足だけでなく、顔に塗っても問題ありません。

メリット

虫刺されやアトピーなどの炎症、皮膚疾患の痛みや肩こり・筋肉痛が気になる場合に使用すると、スッキリ感が得られます

デメリット

吸収効率が弱いため、皮膚以外のケアには不向きです。

その他

飲む、リキッドや食事に混ぜる(結晶・アイソレート)

飲む、リキッドや食事に混ぜる(結晶・アイソレート)タイプのCBD商品画像

大麻(麻)から抽出したCBDオイルを、98〜99%レベルの高純度に精製した粉末(パウダー)状の結晶タイプ。

アイソレートとも呼ばれます。

オイル(チンキ)タイプと同じく舌の裏側で、数十秒含ませた後飲み込んだり、リキッドに混ぜて吸引する摂取方法も選べますが、純度が高く、無味無臭のため、食品に混ぜて摂取されることも多いです。

食べる(エディブル)

食べる(エディブル)タイプのCBD商品画像

チョコレート、グミ、クッキー、ドーナツ、キャンディなどの食品に添加したタイプです。

日本でもCBD生オイル配合のローカカオバーが発売され、話題になりましたね。

手軽に摂取できる点、CBDオイル独特の風味が薄い点が特徴的ですが、消化器を経由する分、吸収効率は落ちます

噛む(ガム)

CBDオイルが配合され、噛んで摂取するタイプです。

エディブルタイプと同じく、手軽に摂取できる点、オイル(チンキ)タイプに比べるとCBDオイル独特の風味が薄い点が特徴的です。

アリー
 CBDオイルって一言で言っても、飲む、吸引、塗る、食べる、噛むと何種類もあるんだね。
福郎
それぞれ特徴と相性があるから、自分に合ったタイプを選ぶのが良いね!

\商品をお買い求めの方は、こちらへどうぞ!/

>CBDオイル専門のセレクトショップ

CBDオイル専門のセレクトショップ

カラダの神経・免疫調節成分をサポート。ステイホーム時代の新・健康習慣、大麻(麻)由来の健康サプリ、CBDオイルを14ブランド94商品からお届けします。

CTR IMG