「ベイプペンとは?」を丸ごと解説

(当記事は、アメリカでの法律、研究に基づいて作成されています)

ベイプペンとは、大麻(麻)の濃縮液を入れたカートリッジに電池を装着した携帯型の機器です。

ベイプペンは、濃縮液を燃焼させるのではなく、加熱することで、煙の代わりに蒸気を発生させます。

煙が出ない点、便利な携帯性から、ユーザーの中には喫煙よりもベイプを好む人もいます。

CBDベイプ

「吸うCBD」をお買い求めの方は、こちらへどうぞ!

ベイプペンの歴史

ベイプの起源は古くにさかのぼります。

古代エジプトでは熱した石を使ってハーブを加熱し、その蒸気を吸っていました。

インドでも何千年も前に「シーシャ(最近では「フッカー」と呼ばれています)」が存在していました。

2003年には、禁煙しようとしていた中国人薬剤師のホン・リクが、高周波の超音波振動でニコチン液を気化させる方法を発見しました。

タバコのような形のデバイスにその仕組みを搭載しました。

2007年には、最初の電子タバコが米国で発売されました。

現代のベイプペンは、小さなヒーターを使って気化させます。

大麻愛好家は、ニコチン液の代わりに大麻を濃縮したものを使っています。

「吸うCBD」をお買い求めの方は、こちらへどうぞ!

ベイプペンを使うメリット

ベイプペンは、大麻の喫煙に比べていくつかの利点があり、特に初心者におすすめです。

利便性

カートリッジは小型で手軽に携帯でき、濃縮液があらかじめ充填されています。

何種類もの大麻を持ち歩くよりも簡単に持ち運べますし、交換も簡単です。

目立たない

ベイプペンはタバコを吸う人がよく使うので、最近では周囲の目を引くこともありません。

また、水蒸気の匂いは、大麻を燃やしたときの匂いよりもはるかに少ないのが特徴です。

そのため、喫煙が禁止されている場所でも、気づかれずに吸うことができます。

低い有害性

研究によると、大麻を燃焼させた場合、吸い込んだ煙には少なくとも100種類の有害物質が含まれています。

その中にはがんの原因となるものもあります。

ベイプペンは大麻を燃焼させないため、使用者は有害物質にさらされることがありません。

ベイプに関する長期的な研究はまだ行われていません。

しかし、2010年に行われた研究では、毎日大麻を吸っていて肺に持病のある人20人を対象にベイプを使用してもらいました。

その結果、1カ月後には肺の健康状態が有意に改善しました。

清潔

カートリッジは使い捨てなので、粘着性のある樹脂を掃除する必要がありません。

また、水蒸気しか出ないので、煙も灰も汚れも出ません。

しかし、大麻を吸う代わりにベイプペンを使うことには、価格の高さ・種類の少なさ切削剤による健康被害の可能性といったデメリットもあります。

「吸うCBD」をお買い求めの方は、こちらへどうぞ!

ベイプペンの構造

ベイプペンには主要な4つのパーツがあります。

タンクまたはカートリッジ

気化させる大麻リキッドを入れる容器です。

タンクは、プラスチック・ガラス、またはスチール製で、詰め替えが可能です。

カートリッジは、空になるまで使用し、捨てることができます。

アトマイザー

大麻オイルを気化させるためのヒーターを指します。

バッテリー

充電式のリチウムイオン電池で、ベイプペンに電力を供給し、濃縮液を加熱します。

手動でボタンを押すと作動するものもあれば、吸い込むだけで作動するものもあります。

充電式バッテリーには、USB充電器が付属していることが一般的です。

使い捨てのペンには、あらかじめ充電されたバッテリーが付いています。

マウスピース

蒸気を吸い込む部分です。

CBDベイプペン

「吸うCBD」をお買い求めの方は、こちらへどうぞ!

ベイプペンに入れるもの

ベイプペンには、さまざまな種類の大麻エキスを入れることができます。

ディスティレート

最も一般的なのは、「ディスティレート」と呼ばれるものです。

これは、主にTHC(テトラヒドロカンナビノール)やCBD(カンナビジオール)などの少数のカンナビノイドを含む、高度に精製されたオイルです。

CO2オイル・シャター・フルスペクトラムエキス

これらの濃縮液は、大麻のカンナビノイドすべてを含んでおり、ディストレートとは違った体感が得られます。

「吸うCBD」をお買い求めの方は、こちらへどうぞ!

オイルによって色や粘度が異なる理由

濃厚な濃縮大麻は、VG(植物性グリセリン)・PG(プロピレングリコール)・天然由来のテルペン・特異的なテルペンなどと混ぜ、薄めることができます。

いずれの希釈液と混ぜた場合でも、オイルがペンの芯に吸収されやすくなります。

わずかなバッテリー消費量でオイルを気化させることができますが、オイルの色が変わることもあります。

希釈液は、蒸気の外観や味にも影響します。

たとえば、VGのみを使用した場合、蒸気がよく出ますが、味は薄くなります。

一方、PGのみを使用した場合は、蒸気の量が少なくなり、味も強くなります。

「切削剤」とも呼ばれるこれらの成分は、吸引タイプの商品では安全と認められています。

ただし、業界ではこれらの成分が熱や吸入に対してどのように反応するかを依然研究中です。

2015年、『Project CBD』は、大麻擁護団体『Americans for Safe Access』の最高科学責任者である生化学者ジャハン・マークス氏が、ベイプペンのPG過熱による、潜在的な危険性に注意を喚起するレポートを発表しました。

Mary Ann Liebert Inc.』が発行した『Journal of Alternative and Complementary Medicine(JACM)』に掲載された2017年の査読付き論文は、この調査結果を支持し、PEG(ポリエチレングリコール)を過熱することによる潜在的な危険性を提示しました。

健康への懸念が高まったことを受けて、一部のメーカーはこれらの切削剤の代わりにテルペン類を使用しています。

ユーザーは、理想の使用感・風味・化学物質の配合を確保するために、ベイプカートリッジにどのような成分が含まれているか、パッケージを確認することをおすすめします。

<参考文献>
ウィードマップス(weedmaps)』編集部によるレビュー(2021年7月14日)
※当サイトでご紹介する商品は、医薬品ではありません。また、病気の診断、治療、予防を目的としたものでもありません。
※記事はアメリカでの法律、研究に基づいて作成されています。記載されている内容について日本国内での適法性や、記載されている内容の正確性は当社は保証しません。
※本記事を転載、または引用をされる場合は、情報元としてサイト名(CBD Library)と当URLの掲載をお願いいたします。

「吸うCBD」をお買い求めの方は、こちらへどうぞ!

CBDオイル専門のセレクトショップ

カラダの神経・免疫調節成分をサポート。ステイホーム時代の新・健康習慣、大麻(麻)由来の健康サプリ、CBDオイルを19ブランド101商品からお届けします。

CTR IMG