エディブル(食べるタイプ)とは?どうやって摂取するの?

(当記事は、アメリカでの法律、研究に基づいて作成されています)

エディブルとは、大麻(麻)入りの食品や飲料のことです。

最近、人気が出てきましたが、決して新しいものではありません。

大麻を食生活に取り入れてきた長い歴史があります。

インドでは伝統的な飲み物(バング)、アメリカではブラウニーなどに使われてきました。

現在は、加工技術が進歩しました。

大麻入りの焼き菓子・グミ・調味料・調理用オイル・チョコレート・ブレスストリップ(口臭予防フィルム)・ミント・ソーダなど、数え切れないほどの商品が販売されています。

エディブル(食べるタイプ)のCBD
▲ 現在では加工技術の進歩により、大麻入りの焼き菓子・グミ・調味料・調理用オイル・チョコレート・ブレスストリップ(口臭予防フィルム)・ミント・ソーダなど、数え切れないほどの商品が販売されています(写真:ジーナ・コールマン/ウィードマップス)

エディブルは、バッズ(花)やコンセントレート(濃縮物)を喫煙・気化させることなく、大麻の体感を楽しめます。

摂取方法は、食べたり飲んだりするだけです。

エディブルは、30分~2時間ほど経つと体感が現れます。

この点が感覚的につかみにくいところです。

エディブルに含まれる大麻は、消化器官を通過して血流に乗ります。

効力は徐々に高まっていき、ピークに達します。

摂取量によっては「ハイ」な状態が数時間~1日続いたりもします。

エディブル(食べるタイプ)のCBD
▲ 写真:ジーナ・コールマン/ウィードマップス

この記事は、エディブルに興味があり、自分に合った商品を見つけたい方の参考になるでしょう

「食べるCBD」をお買い求めの方は、こちらへどうぞ!

初心者向けのエディブル(食べるタイプ)摂取ガイド

初めてのエディブルは、少し不安を感じるかもしれません。

4つのステップで説明しますが、少量から始めて、ゆっくりと試してみましょう。

まずは、エディブルの体感を楽しむための重要なポイントを4つご紹介します。

  • THC(テトラヒドロカンナビノール)、CBD(カンナビジオール)の両方を含むアイテムを試す
  • THCは2mg以下から始める
  • 簡単に摂取できる商品を選ぶ
  • 追加摂取する場合は最低でも2時間、できれば24時間様子を見る

ステップ1:カンナビノイドを選ぶ

カンナビノイドは、大麻と人体のいずれにも含まれる化学物質です。

少し、考えてみてください。

カンナビノイドは、エンド(内因性)・カンナビノイドと植物性カンナビノイドがあり、体内にも大麻にも存在しているのです。

エンド・カンナビノイドは、私たちが自分の体内で生成するカンナビノイドです。

植物性カンナビノイドは、大麻がつくり出すカンナビノイドです。

一般的に「カンナビノイド」と呼ばれる植物性カンナビノイドは、大麻を摂取した際に、精神的・肉体的な体感をもたらします。

更なる研究が必要ですが、カンナビノイドは痛みや炎症、不安や睡眠など、人体のさまざまなプロセスに影響を与える見込みがあります。

カンナビノイドの詳細については後ほどご紹介しますが、ここでは分かりやすく、主に市場に出回っている、THCとCBDに焦点を当てます。

精神的な高揚感には、THCを選びましょう。

THCは、大麻草の中で最も含有量の高いカンナビノイドです。

典型的な「ウィードハイ」をもたらすことで知られ、注目を集めています。

人によっては、多幸感・創造性・リラックス・痛みの緩和などをもたらします。

一方で、混乱や短期記憶の喪失・時間感覚の変化・心拍数の上昇・協調性の低下・不安感などを感じる人もいます。

不快な副作用を避けるために、できるだけ少量から始めて、他のカンナビノイド(後述)と組み合わせましょう。

ほんの少し落ち着きたいなら、CBDを選びましょう。

通念とは相違しますが、CBDには精神作用があります。

THCの“向精神作用”とは異なる働きをします。

脳の活動を変化させるものは、すべて「精神作用がある」とみなされます。

CBDはその”精神作用”のおかげで、FDA(米国食品医薬品局)に承認された薬(エピディオレックス)となりました。

とはいえ、THCのような多幸感を期待してCBDを大量に摂取するのは、家の鍵で車を動かそうとするようなものです。

CBDは酩酊作用がなく、不安への対処に優れていることが明らかになっています。

「体感が過剰になるかも?」と不安を感じるは、CBDのみのエディブルから始めてみてはいかがでしょうか。

バランスのとれた高揚感には、THCとCBDの組み合わせが良いでしょう。

THCとCBDが一緒に働くと、THC単体の場合よりも「高揚感」の度合がマイルドになる傾向があります。

THCのもたらすパラノイア(妄想症)をCBDが低下させてくれます。

心地よい高揚感を味わいたい大麻初心者は、カンナビノイドの組み合わせがおすすめです。

ステップ2:用量(mg)を知ろう

自分に合った用量を測る際は、mgを参考にしてください。

飲み物やグミなど、大麻商品に含まれるTHCやCBDは、mgで測定されます。

合法的に認可されたディスペンサリー(大麻販売店)は、全商品のラベルがmg表記です。

これにより、欲しい体感や許容量を把握できるでしょう。

簡単にお伝えすると、THCは2mgから始めましょう。

THCがもたらす影響は十人十色です。

2mgは人によってはマイクロドーズ・ロードーズ・パーフェクトドーズになるでしょう。

2mg以上を初めて摂取する際、予想よりも酩酊作用が持続しすぎる恐れがあります。

2mgであれば、何も感じないというのもあり得ます。

それでも死の危険を感じて警察を呼ぶよりはましでしょう。

CBDのみが入ったエディブルを試してみたい方は、10mgから始めると良いでしょう。

必ずライセンスを取得しているディスペンサリーで、正確な効力を確認の上、購入しましょう。

CBDとTHCの両方を試したければ、まずTHCを2mg、CBDを2mg以上摂取しましょう。

THCまたはCBDを含む商品を別々に購入し、同時に摂取してもかまいません。

どちらも入っている商品から選ぶのも良いでしょう。

ステップ3:製品を選ぶ

あなたは大麻入りグミにこだわりますか?

吸引は好まないけど、出来るだけ早く体感が欲しいとお考えですか?

最近では、合法な市場に出回るほとんど商品に、多くの効能があります。

エディブル(食べるタイプ)のCBD
▲ 定番のエディブルとしては、大麻入りのチョコレートやグミがおすすめです(写真:ジーナ・コールマン/ウィードマップス)

定番のエディブルとしては、大麻入りのチョコレートやグミがおすすめです。

手軽に楽しく摂取でき、摂取後30分~2時間で体感があります。

最近の合法市場では、低用量のチョコレートやグミが豊富にそろっています。

気になるものを色々試してみると良いでしょう。

即効性があるエディブルとしては、大麻飲料がおすすめです。

今のところは、ほとんどが大麻に慣れた消費者向けの商品ばかりです。

しかし、合法市場における低用量の製品の選択肢は、ここ数年でかなり広がっています。

大麻飲料は、体感が早い傾向があります。

たいていは飲んでから30分以内、1時間以内には効果が現れます。

いずれにしても、簡単に摂取できるものを選びましょう。

慣れないうちは、用量を正確に把握しましょう。

身近な人が使用してたり、店頭に置かれている商品(高含有のチョコバーや、高濃度のドリンクなど)に惹かれるかもしれません。

低用量摂取者向けの“特別仕様の大麻商品”から始めましょう。

それによって、大惨事を避けられます。

ステップ4:我慢する

経口摂取したカンナビノイドは、消化器系から吸収されます。

ジョイントやボングで吸った時よりも、「ハイ」を味わうまでに時間がかかります。

体感に30分~2時間ほどかかると言われています。

一度摂取したら、少なくとも2時間は空けて、追加するようにしてください。

多めに摂取するなら、24時間ほど待つと良いでしょう。

こうすることで、用量(2mgと4mg、5mgなどとの比較)に対する自分の体感を、正確に把握できます。

たとえば、THC を2mgして 2時間経っても意識に残らない場合は、丸1日待ちましょう。

そして1~2mg増量し、THCの合計が3~4mgになるようにとります。

自分に合った範囲が見つかるまで、この作業を繰り返します。

専門家のアドバイス:ラベルを何度も読みましょう。

エディブル商品のラベルには、カンナビノイドの用量が1食分と一箱分のいずれも記載されています。

沢山の量を食べたり飲んだりはできますが、消化は取り消せません。

摂取前に1食あたりの効力を確認しましょう。

「食べるCBD」をお買い求めの方は、こちらへどうぞ!

自宅でエディブル(食べるタイプ)をつくる際の注意点

バターやオイルに乾燥したバッズ(花)を混ぜれば、自宅で簡単に大麻バターができます。

しかし、実際のところそれは必要でしょうか?

エディブル(食べるタイプ)のCBD
▲ ご自宅でエディブルはつくれますが、必要でしょうか?(写真:ジーナ・コールマン/ウィードマップス)

大麻を使って料理をしたり、エディブルを作るのは比較的簡単です。

しかし、自家製のエディブルでは、正確な用量は把握できないでしょう。

一人分の効力を割り出すには、少し複雑な計算が必要です。

カンナビノイドが均等に分布していなければなりません。

まずは、自分の大麻の許容量を知りましょう。

最初は認可を受けたディスペンサリーで、ラボでテスト済のエディブルの購入をおすすめします。

許容量が分かれば、より安全に自家製エディブルを楽しめるでしょう。

<参考文献>
ウィードマップス(weedmaps)』レスリー・ニックスによるレビュー(2021年10月14日)
※当サイトでご紹介する商品は、医薬品ではありません。また、病気の診断、治療、予防を目的としたものでもありません。
※記事はアメリカでの法律、研究に基づいて作成されています。記載されている内容について日本国内での適法性や、記載されている内容の正確性は当社は保証しません。
※本記事を転載、または引用をされる場合は、情報元としてサイト名(CBD Library)と当URLの掲載をお願いいたします。

「食べるCBD」をお買い求めの方は、こちらへどうぞ!

CBDオイル専門のセレクトショップ

カラダの神経・免疫調節成分をサポート。ステイホーム時代の新・健康習慣、大麻(麻)由来の健康サプリ、CBDオイルを19ブランド101商品からお届けします。

CTR IMG