「ローリングペーパー(巻紙)とは?」を丸ごと解説

(当記事は、アメリカでの法律、研究に基づいて作成されています)

「ブランクス、ジョイントペーパー、シガレットペーパー」などとも呼ばれる巻紙は、ジョイントを巻く際に大麻(麻)を包む薄い紙です。

巻紙の主な原料は、ヘンプ(産業用大麻)・藁・木材パルプ・亜麻などです。

手巻きと機械巻きいずれの用途にも使われます。

巻紙は、クラフト紙などで包装され、販売されています。

長さは70〜110mmで、大麻に含まれるテルペンの風味をより楽しむために、フレーバー(ブルーベリー・ダブルチョコレート・グレープ・パイナップルなど)が付いていることもあります。

ローリングペーパー(巻紙)

▲ 写真:ジーナ・コールマン/ウィードマップス

巻紙は、どのようにつくられるの?

筆記用の紙はたいてい木材が原料ですが、大麻用の巻紙には基本的に使われません。

ほとんどが、ヘンプ・亜麻・藁などの非木材繊維から作られます。

これらの繊維は、木材に比べて燃焼速度がゆっくりなので、喫煙用に適しています。

巻紙は、ヘンプや亜麻などの繊維を抽出して製造します。

その繊維をプレスして、薄い紙に加工します。

その過程で、炭酸カルシウム・酸化チタン・塩素系漂白剤・染料・硝酸カリウムなどの化学物質を配合し、紙の色や燃焼速度、風味などを調整します。

最近では、天然素材を使用した巻紙が人気です。

巻紙は違法なの?

いいえ、違法ではありません。

ただし、お住まいの地域によっては、中に巻いたものが違法になる場合があります。

日本の法律に基づいた記事はこちら▶︎ CBDオイルは、結局、違法なの?合法なの?

ヘンプ(産業用大麻)の巻紙が適しているの?

個人の趣向によります。

普段からジョイントやスプリフを吸っている大麻喫煙者は、お気に入りの巻紙がある人も多いでしょう。

紙の巻きやすさや燃焼具合、煙の風味など、それぞれの主観で好みが分かれる傾向があります。

多くの消費者は、ヘンプの巻紙で巻いて「大麻由来のジョイント」を楽しんでいます。

タバコの葉でつくった巻紙で巻く(ブラント)のを好む喫煙家も多く見受けられます。

<参考文献>
ウィードマップス(weedmaps)』編集部によるレビュー(2021年10月8日)
※当サイトでご紹介する商品は、医薬品ではありません。また、病気の診断、治療、予防を目的としたものでもありません。
※記事はアメリカでの法律、研究に基づいて作成されています。記載されている内容について日本国内での適法性や、記載されている内容の正確性は当社は保証しません。
※本記事を転載、または引用をされる場合は、情報元としてサイト名(CBD Library)と当URLの掲載をお願いいたします。

日本最大級の品揃え。CBDオイル専門の通販セレクトショップ

CBDオイル専門のセレクトショップ

カラダの神経・免疫調節成分をサポート。ステイホーム時代の新・健康習慣、大麻(麻)由来の健康サプリ、CBDオイルを19ブランド101商品からお届けします。

CTR IMG