『アンベンド(UNBD)』とは、どんなCBDオイルのブランド?

カラダの神経・免疫調節成分をサポートする、CBD(カンナビジオール)商品。

ウェルネス志向の欧米で広まり、日本でも話題になりつつあります。

しかしこれだけ数多くの商品があると「どれを選んだらいいかわからない」と迷ってしまいますよね?

そこでこの記事では、

「アンベンド(UNBD)って、どんなCBDオイルブランド?」
「安心できるCBDオイルブランドなの?」

という方のためにお届けします。

ルーツは、多様性の地・ロンドン。CBDによる「人生のお手伝い」を掲げる国産ブランド

アンベンド(UNBD)』は、2020年に誕生した、国産CBDブランド。

ブランド名『UNBD』は「リラックスする」「くつろぐ」という意味合いがある社名の『アンベンド(UNBEND)』の略称です。

アンベンド』が生まれた背景には、代表の小松文弥氏が、2014年から5年間過ごしたイギリスのロンドンでの体験が強く影響しています。

というのも、小松氏は学生時代からサッカーに熱中し、現地でアマチュアのサッカーチームを運営しながら、プレーヤーとしても活躍する日々を送っていました。

チームの仲間は、国籍こそ同じイギリスでも、白人や黒人、インド系、アラブ系などの多民族構成。

差別や偏見を目の当たりにすることもあり「人それぞれ考え方が全然違う」ことを身をもって痛感します。

そんな異国での原体験を通じて「多様性を認め、私たちが私たちらしく生きる世界を実現をしたいという思いが芽生えた」と言います。

さらにイギリスで生活をする中で、CBD(カンナビジオール)オイルの存在を知ります。

CBDの原料である「大麻(麻)」は、イギリスでは、お酒やタバコのように身近にあるためです

CBDのことを知り、調べれば調べるほどその可能性が、自身の思いと交差。

多様性が加速し、それぞれが抱える問題も多様化している世の中で「CBDがその手助けになる」と感じ『アンベンド』の誕生に至ったのです。

女性特有の悩みと、睡眠の悩みに特化したCBD入りバスボム

CBDオイルブランド『UNBD(アンベンド)』のバスボム『Fem』『Nenne』

アンベンド』がメインに取り扱うCBD商品は、日本では他社に先駆けて開発したCBDバスボム2種類。

商品タイプCBD含有量ラインナップ
バスボム(入浴剤)50mg
  • Fem(フェム)
  • Nene(ネンネ)
100mg
200mg

ネーミングも『Fem(フェム)』『Nenne(ネンネ)』とユニークです。

Fem』は、女性特有の悩みにアプローチした商品。

ピンクのマーブル模様が素敵なデザインは「バイオリズム」をイメージしています。

ローズゼラニウム、マジョラム、セージの天然由来の精油をブレンドし、華やかな香りが浴室中に広がります

その香りに合わせてローズペダルのドライハーブを配合し、着色料は一切使わず、天然のミネラルを多く含むピンククレイを使用しました

お湯に溶かすとほんのりと赤く色づきます。

一方、睡眠の悩みにアプローチした『Nenne』は、パープルのパッケージ。

「夢の中や睡眠」をイメージして、ふわっともやがかかったようなデザインです。

香りも、華やかな『Fem』とは対照的に、落ち着いたイメージで、ラベンダーやオレンジ、ローズウッドの精油に加え、オレンジピールのドライハーブも配合しています。

粒子も細かく、スッと滑らかにとろける上、ホワイトクレイの配合で、優しく白いお湯を楽しめます

どちらも飾りたくなるくらい素敵なデザインの箱に入っていて、プレゼントにも最適。

CBD量は、それぞれ50㎎、100㎎、200㎎と、好みに応じて選べるラインナップです。

疲れやストレスを癒したい方向き

CBDオイルブランド『UNBD(アンベンド)』のバスボム『Nenne』とお風呂

お風呂好きな日本人にとっては、入浴だけでもリラックス効果がありますが、これにCBDとアロマオイルを加えて、さらにリラックス感を高めてくれるのが、この一品です。

忙しい中で、シャワーだけで済ませてしまう方も多いと思いますが、あえて入浴の時間をつくって特別な癒しの時間にして欲しい」と思いを語る小松氏。

シーソルトやCBDバスボム特有の効果でぽかぽかと温まり、身体のほぐれ具合を実感できます

ホホバオイルやクレイなど、肌に嬉しい成分も配合されており「肌がすべすべになった」という声の他「香りやテクスチャーが良い」と好評です。

いつもより疲れた日、頑張った自分への特別なご褒美としてもおすすめです。

万全を期すため、日本食品分析センターで自社でも検査

アンベンド』は、品質・安全面で下記の取り組みを行なっています。

  • 本場アメリカの医療大麻やCBDを切り開いてきた大手CBDメーカーの原料を採用
  • 『日本食品分析センター』にて微生物と菌類を自社検査

日本ではまだ市場が出来上がっておらず、明確なガイドラインもないので、安全性、健全性が大切」と小松氏。

品質だけでなく、お客さまが誤解ないように「違法薬物でもないし、万能薬でもない」と伝え方にもこだわっています。

日本のCBD市場を広げていくため、安心と真摯に向き合うブランドです。

『アンベンド(UNBD)』のSNS上の口コミ・評判

 

この投稿をInstagramで見る

 

欧米市場を見ていると、CBD配合のグミ(グウィネス・パルトローとかマーサ・スチュワートも手掛けてる)とかバスソークとか結構あって。あと、PMS対策のオイルにCBD入ってたりするんだよね。 日本にもCBDのバスソークの会社ができて、試しに買ってみた。配合量が選べて、1個で千円ちょいのそこそこいいお値段。PMSは済なので、安眠の方使ってみた🛀🏻入ってるときはよくわからなかった(自分を気遣ってメンテナンスしている満足感はある)けど、湯上りに髪を乾かしていたらちょっと肩の力とかギュッと凝らす感じが緩んでる気がした。頭ギンギンに使って神経昂った日によさげ。 * 追記:具合悪ッて思ってトラッキングアプリ見たら、PMS時期だったので試してみた。頭が痛くて、途中で寝ながらだましだまし取材や撮影に行ったのだけど、このお風呂入ったら痛みの元が遠ざかって、少しほぐれた気がしたよ。 * ちなみに、いつものエプソムソルトと死海の塩と重炭酸タブレットと日本酒も入れてる。風呂ヲタ。 #cbdバスボム#unbd#nenne#pms#cbd

Anna Osada/長田杏奈(@osadanna)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

梅雨長すぎない、、?🙃 @unbd_official からリリースされた日本発の #CBDバスボム 🥳 #CBD と #アロマ ってこれからたくさん期待できそうなフィーチャーだよね💓 ブランド名の読み方は UNBD(ユーエヌビーディー)です🤗 【ネンネ】と【フェム】の2種類の製品(それぞれ50mgのCBD入り)を頂きました🙏🏻ありがとうございます! ちなみに含有量は、50mg、100mg、150mgから選べるので好きなCBD濃度を選べるのも楽しみかもね。 いま #nenne のお風呂から上がったところなんだけど、、、 個人的な今の体感としては、眠ーくなるっていうよりは、アロマの香りをゆっくり楽しめて、体がスッキリした感じがするのでベッドに入った時にすんなり寝られそう😇って感じです!🦋 よくあるCBDの眠気の体感とは少し違うのが面白いかも😳 明日は旅先で #fem に入ってみる予定🥰 ゆっくりお風呂に入るのって梅雨のダルさを軽くするのにとってもいいんだね😶💓 おやすみなさい〜🥱 #PMS #不眠 #安眠 #cbdwellness #unbd #weunbd #hemp #入浴剤 #バスボム

Yuiko Oura(@mojamojustin)がシェアした投稿 –

『アンベンド(UNBD)』のまとめ

この記事では、数あるCBDオイルブランドの中でも『アンベンド』について、ご紹介いたしました。

  • ルーツは、多様性の地・ロンドン。CBDによる「人生のお手伝い」を掲げる国産ブランド
  • 女性特有の悩みと、睡眠の悩みに特化したCBD入りバスボム
  • 疲れやストレスを癒したい方向き
  • 万全を期すため、日本食品分析センターで自社でも検査

CBDバスボムは、日本ではまだ珍しく『アンベンド』は、そのパイオニアとも言えるブランドです。

アンベンド』が気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

<参考文献>
アンベンド』国内サイト、創業者、筆者レビュー
※当サイトでご紹介する商品は、医薬品ではありません。また、病気の診断、治療、予防を目的としたものでもありません。

その他CBDブランド商品をお買い求めの方は、[公式]CBD Libraryオンライン通販サイトへどうぞ!

>CBDオイル専門のセレクトショップ

CBDオイル専門のセレクトショップ

カラダの神経・免疫調節成分をサポート。ステイホーム時代の新・健康習慣、大麻(麻)由来の健康サプリ、CBDオイルを12ブランド76商品からお届けします。

CTR IMG