『アンミー(UN/ME) 』とは、どんなCBDオイルのブランド?

カラダの神経・免疫調節成分をサポートする、CBD(カンナビジオール)商品。

ウェルネス志向の欧米で広まり、日本でも話題になりつつあります。

しかしこれだけ数多くの商品があると「どれを選んだらいいかわからない」と迷ってしまいますよね?

そこでこの記事では、

「アンミー(UN/ME)って、どんなCBDオイルブランド?」
「安心できるCBDオイルブランドなの?」

という方のためにお届けします。

アンミー(UN/ME)の商品をお買い求めの方は、[公式]CBD Libraryオンライン通販サイトへどうぞ!

「性養生」を掲げ、セクシャルウェルネスな商品を展開する国内ブランド

CBDオイルブランド『アンミー(UN/ME)』のロゴ

アンミー(UN/ME)』は、2021年4月にデビューしました。

東洋医学の養生(ようじょう)の理論の一つ「性養生」をベースとした、国内のセクシャルウェルネスブランドです。

養生とは、文字通り「生命を養う」という意味。

「性は人間が本来持つ生理的本能であり、適度で健全な性生活は心と体の健康につながる」というのが「性養生」の考え方です。

CBDの原料である大麻(麻)も、人類に古くから使用されてきた薬草のひとつ。

CBDを含めた和漢の植物素材を配合することで「陰/陽、万物のバランスをとり、心身ともに満ちたライフスタイルを過ごしてほしい」という願いが込められています。

同ブランドは2人の女性ディレクター、野々口氏と秋元氏によって立ち上げられました。

きっかけは、野々口氏の20年来の深刻な肌の悩みがCBDで解消したこと。

悩んでいた当時は、常に帽子とマスクで顔を隠すほどでした。

それがCBDを生活に取り入れ肌に塗ったり、舌下で摂取したりするようになってから楽になり、今ではすっかり気にならないレベルになりました。

これまでクコの実(ゴジベリー)やナツメなどオーガニックの薬膳食材を専門に取り扱っており「食養生」に長く携わってきた野々口氏。

「この素晴らしいCBDを和漢素材と組み合わせて『性養生』を提案していきたい!」と、コスメのプロ、秋元氏に声をかけたのが始まりです。

ブランドスローガンには「SHIP LOVE OVER BORDERS!」を掲げています。

性別や肌や目の色、国籍に関係なく、恋人と自分自身を大切に想う方に、様々な境界線を越えて、世界中に愛を運ぶブランドを目指します。

アンミー(UN/ME)の商品をお買い求めの方は、[公式]CBD Libraryオンライン通販サイトへどうぞ!

和漢素材をブレンドした、国内先駆けのCBDルブリカントローション

CBDオイルブランド『アンミー(UN/ME)』のCBD商品

アンミー』が展開するのは、CBDと和漢素材をブレンドした、水溶性のルブリカント(潤滑)ローション。

アイソレート(CBD成分を単独で抽出)のCBDがたっぷりと750mg含まれた、2種類のラインナップです。

  • 陽(YO-LO):サンダルウッド(ビャクダン)や官能的な香りのイランイランの精油を配合した微香タイプ
  • 陰(IN-TO):シャクヤク根やトウキ根のエキスなど、皮膚のことを第一に考えたシンプルな配合で、ほのかでナチュラルな無香タイプ

ユニークなのは、クコのエキスを「陽」「陰」いずれにも配合している点。

生のクコの実を皮や種ごと搾っているため、良質な不飽和脂肪酸を含んでいます。

スーパーフルーツとして知られていますが、肌に塗っても大変良いものなのだそうです。

また、一般的に使用されるクコエキスと異なり、エタノールを含みません。

パラベン・pH調整剤・保存料・合成着色料も不使用。

pH値にもこだわった処方なので、大切なデリケートゾーンにも安心して使用できます。

ボトルのロゴデザインは、アーティストのJAY SHOGO氏が担当しました。

「男女関わりなく健やかな性を発信していきたい」と相談したところ、完成したのがこのデザイン。

ブランドの想いやプロダクトとともに、愛を世界に運ぶイメージです。

洒落たデザインのプッシュ式ボトルなので、洗面所や寝室、どこに置いても違和感がありません。

CBD配合のフェイスマスクも年内には発売予定と、今後の展開が楽しみですね。

アンミー(UN/ME)の商品をお買い求めの方は、[公式]CBD Libraryオンライン通販サイトへどうぞ!

デリケートゾーンの乾燥に悩む方向け

CBDオイルブランド『アンミー(UN/ME)』のCBD商品を肌に塗っている

アンミー』のCBDルブリカントローションは、肌の薄い部分にも優しく滑らかに馴染む商品設計です。

日々のデリケートゾーンの感想に悩む方の保湿アイテムとしておすすめです。

「陽」は「香りで気分が高まる」と女性から人気ですが、無香タイプの「陰」なら男性にも使いやすいです。

特に、長時間運転するドライバーの方などは、陰のうを長い間つぶしている状態になるため、血流が悪化してかゆくなることもあります。

ゆったりとした服装で解放するとともに陰のローションを塗布することで、火照った陰のうを沈静化することができます。

「女性のデリケートゾーンのケアの必要性はだいぶ認識されてきましたが、男性にもおすすめしたいですね。男性器は、体の外に出ている内臓。冷やしすぎても温めすぎても良くないので、大切にケアしてほしいです。また、スキンシップのときに手軽に使っていただける存在になれたら」と、野々口氏は語ります。

もちろん、パートナーとのスキンシップやセルフプレジャーをより心地良く楽しむためのアイテムとしてもご利用いただけます。

より官能的でリラックス感のあるひと時をお届けします。

アンミー(UN/ME)の商品をお買い求めの方は、[公式]CBD Libraryオンライン通販サイトへどうぞ!

無農薬・オーガニック素材の専門家による、厳選した素材選び

アンミー(UN/ME) 』は、品質・安全面で下記の取り組みを行なっています。

  • 無農薬・オーガニック素材の専門家の知見に基づく素材選び
  • 工場で有機認証を取得
  • CBD原料、最終製品ともに第三者機関で検査

野々口氏が薬膳食材の分野で培ってきた「養生」の理論が商品づくりにも活かされています。

アンミー(UN/ME)の商品をお買い求めの方は、[公式]CBD Libraryオンライン通販サイトへどうぞ!

『アンミー(UN/ME) 』のまとめ

この記事では、数あるCBDオイルブランドの中でも『アンミー』について、ご紹介いたしました。

  • 「性養生」を掲げ、セクシャルウェルネスな商品を展開する国内ブランド
  • 和漢素材をブレンドした、国内先駆けのCBDルブリカントローション
  • デリケートゾーンの乾燥に悩む方向け
  • 無農薬・オーガニック素材の専門家による、厳選した素材選び

海外では、セクシャルウェルネスでの問題意識が高く、年々進化を遂げる中現れた、待望の国内ブランドです。

アンミー』が気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

<参考文献>
アンミー(UN/ME)国内サイト、代表
※当サイトでご紹介する商品は、医薬品ではありません。また、病気の診断、治療、予防を目的としたものでもありません。

アンミー(UN/ME)の商品をお買い求めの方は、[公式]CBD Libraryオンライン通販サイトへどうぞ!

>CBDオイル専門のセレクトショップ

CBDオイル専門のセレクトショップ

カラダの神経・免疫調節成分をサポート。ステイホーム時代の新・健康習慣、大麻(麻)由来の健康サプリ、CBDオイルを19ブランド101商品からお届けします。

CTR IMG