『ファーマヘンプ (Pharmahemp)』とは、どんなCBDオイルのブランド?

カラダの神経・免疫調節成分をサポートする、CBD(カンナビジオール)商品。

ウェルネス志向の欧米で広まり、日本でも話題になりつつあります。

しかしこれだけ数多くの商品があると「どれを選んだらいいかわからない」と迷ってしまいますよね?

そこでこの記事では、

「『ファーマヘンプ (Pharmahemp)』って、どんなCBDオイルブランド?」
「安心できるCBDオイルブランドなの?」

という方のためにお届けします。

1965年設立ながら、GMP認証も取得。伝統とテクノロジーを兼ね備えた、ヘンプのリーディングカンパニー

ファーマヘンプ』は、東欧のスロベニアに拠点を置く、ヘンプ(麻/大麻)企業です。

旧ユーゴスラビア初の化粧品企業として、1965年に設立。

1990年代には早くも麻を活用したボディケア商品開発に取り組み、CBDオイルにも2011年に参入と、業界随一の歴史と実績を誇ります。

2020年には、国際的な化粧品適正製造基準認証規格(ISO 22716:2007)に基づいた、GMP(Good Manufacturing Practice)認証を取得しました。

CBD含有量が豊富で「体感を得やすい」と評判のラインナップ

ファーマヘンプ『プレミアムブラック-EリキッドCBD5%』の画像

ファーマヘンプ 』の商品ラインナップは、リキッドやオイルを中心にベーシックな品揃えです。

商品タイプCBD含有量ラインナップ
リキッド(ヴェポライザーを使って気化させて、肺で吸引する摂取方法)300mg(3%)プレミアムブラック

  • カンナビス
  • ライム
  • グリーンアップル
  • バニラカスタード
  • ピニャコラーダ
  • クリーミーストロベリー
  • メンソールブルー
  • ティラミス
  • ハネデューメロン
  • アマレナチェリー
通常

  • マンゴー
  • ヘンプ
  • アップル
  • ピーチ
  • ペパーミント
  • ブルーベリー
  • シトラスフルーツ
  • ストロベリー
  • バニラクリーム
  • タバコ
500mg(5%)
オイル100mg(1%)プレミアムブラックヘンプフルスペクトラム
300mg(3%)
500mg(5%)
660mg(6.6%)
1000mg(10%)
1200mg(12%)
1500mg(15%)
2400mg(24%)
ワックス(ろう状のやわらかい固体)680mg(68%)1g
2040mg(68%)3g
クランブル(クリスタル)996mg(99%)1g
498mg(99%)0.5g
ペースト1000mg(20%)5ml
1500mg(30%)5ml
2000mg(40%)5ml
2000mg(20%)10ml
2500mg(50%)5ml
4000mg(40%)10ml
5000mg(50%)10ml
カートリッジ(使い捨てリキッドが入った、差し替えが自由にできる部品)400mg(40%)
  • アムネシア
  • マンゴークッシュ
  • グレープストンパー

通常タイプは、大麻の生搾りエキス(THCは除く)を抽出したフルスペクトラム (ブロードスペクトラム)。

発売開始から続くロングセラーとして、苦みと香りが強く植物本来の味わいが評判です。

一方で「プレミアムブラック」シリーズは、CBDをクリアに成分抽出をしており、苦みが少ないタイプ。

「摂取しやすい」と、最近、CBD初心者の間で人気です。

食べるタイプや美容タイプはまだ揃っていませんが、CBD含有量が豊富な商品ラインナップです。

老舗な分、古くからのCBDユーザーの間では『ファーマヘンプ 』が初めて使ったCBDという方は多く、一番体感を感じやすいブランドという声が多いです。

CBD経験者や、より体感を得たい方向き

他ブランドと比べると、CBD含有量が豊富なフルスペクトラム (ブロードスペクトラム)商品が充実しています。

植物っぽい苦味がある分、体感を得やすいのが大きな特徴。

ある程度経験しているユーザーや、健康やストレス面の悩みが比較的深い方の間で支持が高いブランドです。

また電子タバコ用リキッドとして、専用の器具(ヴェポライザー)で、吸引する用途の商品が多く、その意味でも上級者向けと言えるでしょう。

2020年にGMP認証を取得し、医薬品基準を満たす製造体制へ

ファーマヘンプ』は、品質・安全面で下記の取り組みを行なっています。

  • 原料は、スロベニア産のフランス政府も公認する大麻の種を使用
  • 殺虫剤・除草剤・殺菌剤・重貴金属等を一切含まない殺虫剤、除草剤、殺菌剤、重貴金属等を一切含まないオーガニック栽培
  • 国際的な化粧品適正製造基準認証規格(ISO 22716:2007)に基づいた、GMP(Good Manufacturing Practice)認証を取得し、医薬品基準を満たす倉庫・生産施設・技術機器体制を確立
  • バッチ毎にシリアル番号と賞味期限を発行の上、統合ソフトウェアシステムを通じて、完全なトレーサビリティを確保
  • 自社ラボによる成分分析と成分分析表を開示

特にGMPを取得したことは、より一層の消費者の安心にもつながるでしょう。

<参考>
▶︎PharmaHempは今やGMP認定企業です(Pharmahemp公式サイト:英語サイト)

『ファーマヘンプ 』のSNS上の口コミ・評判

『ファーマヘンプ (Pharmahemp)』のまとめ

この記事では、数あるCBDオイルブランドの中でも『ファーマヘンプ 』について、ご紹介いたしました。

  • 1965年設立ながら、GMP認証も取得。伝統とテクノロジーを兼ね備えた、ヘンプのリーディングカンパニー
  • CBD含有量が豊富で「体感を得やすい」と評判のラインナップ
  • CBD経験者や、より体感を得たい方向き
  • 2020年にGMP認証を取得し、医薬品基準を満たす製造体制へ

日本でもじわじわと広がっているCBDですが、そのパイオニアとも言えるブランドがこの「ファーマヘンプ 」。

次々と新たなCBD商品が増えていますが、今なお人気です。

ファーマヘンプ 』が気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

<参考文献>
『ファーマヘンプ』海外サイト、筆者レビュー
※当サイトでご紹介する商品は、医薬品ではありません。また、病気の診断、治療、予防を目的としたものでもありません。

\ファーマヘンプ の商品をお買い求めの方は、[公式]オンライン通販サイトへどうぞ!/

>CBDオイル専門のセレクトショップ

CBDオイル専門のセレクトショップ

カラダの神経・免疫調節成分をサポート。自分をつぶさないための、新・健康習慣、大麻(麻)由来の健康サプリ、CBDオイルを6ブランド58商品からお届けします。

CTR IMG