『モスティフード(MOSTY food) 』とは、どんなCBDオイルのブランド?

カラダの神経・免疫調節成分をサポートする、CBD(カンナビジオール)商品。

ウェルネス志向の欧米で広まり、日本でも話題になりつつあります。

しかしこれだけ数多くの商品があると「どれを選んだらいいかわからない」と迷ってしまいますよね?

そこでこの記事では、

「モスティフード(MOSTY food)って、どんなCBDオイルブランド?」
「安心できるCBDオイルブランドなの?」

という方のためにお届けします。

プロが認める、原料の目利き力。知る人ぞ知る高品質CBDブランド

モスティフード(MOSTY food) 』は、2020年11月にデビューした国産CBDブランドです。

代表の鈴木氏は、オーストラリアなど海外に10年以上在住した経歴の持ち主。

大麻合法国では、CBDの原料でもある大麻(麻)栽培にも携わったことがあるほどのプロフェッショナルでもあります。

鈴木氏以外のスタッフの大半も、海外在住経験と本場の事情に精通しており、まさに人材の宝庫です。

各国の原料メーカーから直接仕入れられるネットワークと目利き力、そして製造技術は、同じCBD事業者の間でも評判です。

事実「風味が違う」という口コミが広がり、OEM製造先としても全国のCBD事業者から問い合わせが寄せられます。

一方で鈴木氏は、日本では、CBDに対して大麻由来であることを理由に抵抗を感じる方も多いことに着目。

『モスティフード(MOSTY food) 』としては、女性も手に取りやすい商品コンセプトを掲げた商品づくりを展開しています。

先行して2014年より、ジェルネイルのブランド『MOSTY』を運営していたこともあり、女性をターゲットとした商品づくりのノウハウが随所に活かされています。

2021年には、鈴木氏の出身地である群馬県内で、実店舗の営業もスタートしました。

メーカーならではのサービスとして、オイルの濃度の調整やお好みのベイプリキッドの作成など、カスタマイズにも対応してもらえる点は、一般的なショップとの大きな違いです。

また、CBDタブレットやその他試作品などもアウトレット価格で販売していることもあります。

お近くの方はぜひ店舗にも立ち寄ってみて下さい(予約制)。

店舗での接客にくわえ、自社ラボでの試作品開発にも余念がない毎日。

「実店舗の運営を通して、一人ひとりのお客さまに対面してお悩みやCBDに対する要望のヒアリングを重ねていくという活動が大切なのだと実感しています。栃木の大麻農家さんとも交流しているので、いずれはここ群馬で大麻畑もやりたいですね」と、鈴木氏は将来の夢を語ってくれました。

モノづくりスピリッツにあふれたCBDブランドです。

ベーシックなオイルから、ペットと一緒に食べられるユニークなクッキーまで展開

CBDオイルブランド『モスティフード(MOSTY food)』のCBDオイル

製造現場では、多種多様なOEM商品の開発実績がありますが『モスティフード』自社ブランドとしては、ベーシックなオイルのほか、コーヒー・クッキーといった食べるタイプの中でも珍しいタイプの商品を展開しています。

商品タイプCBD含有量ラインナップ
オイル500mg/10ml(5%)
  • アイソレート(CBD成分を単独で抽出)
  • ブロードスペクトラム(CBD以外の大麻の有用成分も抽出)
1000mg/10ml(10%)
コーヒー(自社焙煎)75mg/50g
クッキー2mg/1枚ヴィーガン(大豆・さつま芋・カボチャ)80g入り※ペットも食べられる塩・砂糖不使用
10mg/1枚ココア3枚・プレーン2枚入り

特にクッキーはユニークで、ペットと一緒に飼い主さんも安心して食べられる商品です。

大豆・さつま芋・カボチャといったシンプルな材料のヴィーガン仕様。

ペットも食べられるよう、塩・砂糖不使用は使わず、自然な甘みで、ペット用の飼料なども使っていません。

名よりも実。風味重視の本物志向の方向け

モスティフード』の商品は、CBD事業者の間でも評判のクォリティ。

名の知れたCBDブランドよりも、中身を重視したい方向けのブランドです。

その秘密が、本場海外のCBDの良し悪しを体験してきた精鋭スタッフが、無数のサンプルから厳選した米国コロラド産の原料。

コロラド州は、2014年、全米に先がけて娯楽用大麻を合法化し、世界有数の大麻農家や工場が集まる州として有名ですが、スタッフも「アイソレートひとつとっても、香りと体感が違う」とうなるクォリティなのです。

今後、他社とのコラボレーションも多数控えており、目にする機会も増えてくるはずです。

大手製薬会社との取引で培った、医薬品グレードの製造・品質管理体制

モスティフード』は、品質・安全面で下記の取り組みを行なっています。

  • 原料は、世界有数の農場や工場が集まる、米国コロラド産ヘンプを使用
  • GQP(製造販売品質保証基準)、GMP(適正製造基準)に準拠し、医薬品、医薬部外品グレードの製造・品質管理体制

ブランドを立ち上げる以前から、化粧品製造業許可を保有し、大手製薬会社との長年の取引も持つ盤石の体制です。

『モスティフード(MOSTY food) 』のまとめ

この記事では、数あるCBDオイルブランドの中でも『モスティフード』について、ご紹介いたしました。

  • プロが認める、原料の目利き力。知る人ぞ知る高品質CBDブランド
  • ベーシックなオイルから、ペットと一緒に食べられるユニークなクッキーまで展開
  • 名(知名度)よりも実。風味重視の本物志向の方向け
  • 大手製薬会社との取引で培った、医薬品グレードの製造・品質管理体制

自社で製造工場を備え、原料から最終製品まで、自分たちのこだわりを貫いたブランドです。

モスティフード』が気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

<参考文献>
モスティフード(MOSTY food) 国内サイト、創業者
※当サイトでご紹介する商品は、医薬品ではありません。また、病気の診断、治療、予防を目的としたものでもありません。
>CBDオイル専門のセレクトショップ

CBDオイル専門のセレクトショップ

カラダの神経・免疫調節成分をサポート。ステイホーム時代の新・健康習慣、大麻(麻)由来の健康サプリ、CBDオイルを17ブランド106商品からお届けします。

CTR IMG